ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8816DW

おっさん吸血鬼と聖女。

あらすじ  伝説の吸血鬼、神にさえ刃向かうという真なるバケモノ――
 そう呼ばれたのも昔の話。現在の彼は、王国のかたすみ、幽霊屋敷と笑われる古城でヒキコモリ生活を送る、さえないおっさんだった。

 平和で怠惰な毎日――しかし、そんな平穏はある日唐突に崩れ去る。
 これは『吸血鬼』がお伽噺にしか出てこなくなった平和な時代。
 どうしようもないヒキコモリのおっさんをどうにか『更正』させようとする聖女と、外に出たくないヤダヤダとだだをこねる高齢吸血鬼との、平和なやりとりの記録である。
作者名 稲荷竜
キーワード 年の差 日常 更新不定期 おっさん 吸血鬼 聖女 ほのぼの
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2017年 03月27日 23時32分
最新部分掲載日 2017年 11月09日 21時00分
感想 737件
※ログイン必須
レビュー 2件
ブックマーク登録 6,716件
総合評価 17,317pt
ポイント評価 1,935pt  : 1,950pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 331,178文字
N6810EJ| 小説情報| 連載(全9部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
『国中の知的エリートが集う学園』に、とんでもない大天才が現れた。  その知力、なんと『1000000』。平均の二万倍とか五万倍ぐらいある。ヤバイ。  マジでヤベーので学園長から『バカとの付き合い方を覚えるために、知力を低//
N8816DW| 小説情報| 連載(全111部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 伝説の吸血鬼、神にさえ刃向かうという真なるバケモノ――  そう呼ばれたのも昔の話。現在の彼は、王国のかたすみ、幽霊屋敷と笑われる古城でヒキコモリ生活を送る、さえないおっさんだった。  平和で怠惰な毎日――しかし、そん//
N6845DP| 小説情報| 連載(全57部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 先の大戦で大活躍をした勇者。  彼が魔王を倒し神に願ったことは、『毎日腹いっぱい食事をしたい』だった。  この願いを神は聞き入れたのだが――用意できたのはGYU-DONという異世界料理を無限に生み出す建物だけだった。 //
N6634EI| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
ハロウィンの夜が来た。 ひしめきあうカボチャども。ゴツゴツと硬い表皮をぶつけ合いながら、連中がせまりくる。 この驚異的な野菜的なモンスター的ななにかに対し、立ち上がる男たち。 様々な悲しみと哀愁に彩られながら、戦士たちは//
N8557EH| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
 中年男性の体は重く、長旅に向いていなかった。  旅をしている。  果てしなく長い旅だ。終着点がどこにあるかもわからないけれど、足を止めることだけはできなかった。  だって中年男性の脳は記憶を長くとどめておくことができ//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n8816dw

「おっさん吸血鬼と聖女」を読んだ。 - 読書家のPC生活

おっさん吸血鬼と聖女 作者:稲荷竜 種別:連載小説(連載中) ジャンル:ハイファンタジー〔ファンタジー〕 掲載開始日:2017年 03月27日 23時32分 キーワード:年の差 日常 更新不定期 おっさん 吸血
URL:http://dokusyoka.com/post-1608

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ