ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8810DH

巻き込まれたが、付き合う義理はなし

あらすじ 勇者召喚に巻き込まれた俺、こと中澤道夫、38歳、会社員。
されてしまったものは仕方がないと諦めるものの、心残りが二つある。
一つは良き友である陽子さんともう飲めないこと。もう一つは、長年共に過ごしてきた良き相棒であり、最早鮒と言っても問題ないほどの大きさに育った金魚の鈴鹿を残してしまったこと。

しかし、今は生き残ることが先決。どうにも宮廷魔術師とその依頼主である国王が果てしなく胡散臭い。王女は黒だ。使い捨てにされる気配が濃厚過ぎる。
正式に召喚された勇者諸君(高校生×3と大学生×2)には悪いが、俺はトンズラさせてもらう。なに、君らほどの容姿とチートがあれば、何とか生き残れると信じているよ。

幸か不幸か、こちらは巻き込まれただけであったため、召喚で呼ばれた者に比べると様々な面で劣る。そのため、王宮は俺のことを追い出したがっていたので、早速便乗させてもらおうか。手切れ金も、少しくらいはもらっておかないとな。

さてこの異世界、どう暮らしていくものか。

そう思案していると、もう会えないと思っていた陽子さんの姿が。驚いたことに、陽子さんは異界を巡る魔女であるらしく、旅行ついでに巻き込まれてしまった俺の様子を見にきてくれたらしい。
ただ、返すことは面倒なのでしてくれないそうだが、心残りであった鈴鹿をこちらに呼んでくれた。

背の高い、美女にして。

陽子さんのお願いを聞く代わりに、新たな容姿と能力を授かった俺と、人間となり、相棒となった元金魚の鈴鹿との、異世界道中が始まる。
作者名 羽崎
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転移  異世界 ほのぼの? 転生? 相棒は元金魚 異世界トリップ 展開はスローペース 主人公はチート無し
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2016年 05月22日 13時10分
最新部分掲載日 2017年 05月25日 21時00分
感想 68件
レビュー 0件
ブックマーク登録 4,831件
総合評価 12,200pt
ポイント評価 1,275pt  : 1,263pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 147,367文字
N8810DH| 小説情報| 連載(全30部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
勇者召喚に巻き込まれた俺、こと中澤道夫、38歳、会社員。 されてしまったものは仕方がないと諦めるものの、心残りが二つある。 一つは良き友である陽子さんともう飲めないこと。もう一つは、長年共に過ごしてきた良き相棒であり//
N4650DB| 小説情報| 連載(全26部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
どこにでもいる平凡な大学生、三嶋綱紀(みしま こうき)。 寝ぼけて階段から転落死すると言う微妙な死因に肩を落としたが、幸運(?)にもキリ番を踏んだらしく、異世界への転生権(オプション付き)を得る。 思わぬ所で異世界//
N9347DU| 小説情報| 連載(全6部分) | その他〔その他〕
ネタメモ集です。 更新は当分する予定はありません。また、続くかどうかも分かりませんので、予めご注意下さい。 お蔵入りさせておくのも寂しかったので、載せてみました。 いずれも完結はしていません。 僅かでもお楽しみ頂ければ//
N6508CV| 小説情報| 完結済(全18部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
【当初のイメージと出来が違ってきたため、更新を停止致します。 一応完結と言うことにしましたが、実際は尻切れトンボになってしましました。 本当にすみません。 お付き合い頂いた皆様、ありがとうございました。 プロットを練り//
N0350CS| 小説情報| 完結済(全3部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
広瀬昌伸はヘルメイヤ大陸の主神として崇められている。 元々は現代日本から異世界へと召喚された見た目、能力共にごくごく普通の青年だった。彼を召喚した異世界の住人レイチェルも見た目は至って普通の少女だが、既に二千年(召喚//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n8810dh

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ