ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8733CP

風使いの僕は学園ライフをこうして満喫する

あらすじ  ある日突然『風使い』になってしまった、ちょっとエッチで、ちょっと卑怯な少年のストーリー。彼は異世界からの侵略者や、秘密組織の殺し屋と戦うでもなく、私利私欲のためにのみその能力を行使する。
 ――今日も彼は、学校に通う!

 嵐谷高校の2年生、風見 爽介(かざみ そうすけ)。
 彼は高校1年の夏、ありとあらゆる「風」を自在に操る能力を手に入れた。神様からの贈り物のように、あるいは悪魔からの災難のように、彼の身に降って湧いたのだった。
 善良ではなくとも普通ではあった彼にとって、果たしてそれは幸か不幸か。

・・・・・・・・・・・・・・・

Q.あなたは「風使い」になれたなら、一体何をしますか?

 1.人知れず悪と戦い世界を守る
→2.女子のスカートにそよ風をお届けしちゃってもいいじゃない

・・・・・・・・・・・・・・・

※ タグにもあるとおり日常系です。劇的なドラマがあるでもなく、手に汗握る異能バトルがあるでもなく、ハーレム感も特にありません。なんだかもう、(作者と主人公が)好きにやってるだけです。

「それでもいいよ」
「付き合ってやんよ」
「か、勘違いしないでよね! べ、別に、アンタの作品が気になったワケじゃないんだからねっ!」

という奇特な方がいらっしゃいましたら、是非よろしくお願いします。ツンデレは大好物です。食べちゃいたい。

※ ヒロインたちの外伝も連載中です。ご覧いただける場合は、お手数ですがタイトル上部の『風使いシリーズ』から移動してください。
※「なかがき」はトークメーカーでも連載中です。見やすい。
作者名 米洗ミノル
キーワード 青春 異能力もの…… というほどではない コメディ 主人公最強 (ある意味ね) エンターテイメント 学校/学園 高校生 少女 日常系 非ハーレム (女子は多いけど) ネット小説大賞六感想 短編連作
ジャンル コメディー〔文芸〕
掲載日 2015年 04月13日 14時04分
最新部分掲載日 2017年 11月19日 08時48分
感想 32件
レビュー 1件
ブックマーク登録 418件
総合評価 1,047pt
ポイント評価 104pt  : 107pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 411,605文字
N8733CP| 小説情報| 連載(全93部分) | コメディー〔文芸〕
 ある日突然『風使い』になってしまった、ちょっとエッチで、ちょっと卑怯な少年のストーリー。彼は異世界からの侵略者や、秘密組織の殺し屋と戦うでもなく、私利私欲のためにのみその能力を行使する。  ――今日も彼は、学校に通う!//
N8015EC| 小説情報| 完結済(全6部分) | ホラー〔文芸〕
『ドリームランド強姦失踪事件』―― 先輩刑事の牧宮に巻き込まれ、卑劣なその犯罪を追うことになった北原紗映子。 廃墟となった遊園地で起き、殺人にまで及んだその事件には、人知を越えた裏側があった。 被害者が――増える、増//
N7509DY| 小説情報| 短編| コメディー〔文芸〕
女子トークで明らかになるおぞましき密室殺人事件。ラブホの女王と呼ばれた女子高生と、その友人は、果たして事件の真相に迫ることができるのか――。 ※ジャンル「ラブコメ」です。ご留意ください。 ※カクヨムの自主企画「会話劇」//
N2425DY| 小説情報| 連載(全5部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
ハイファンタジー? いいや、『はいはいファンタジー』だ!! コンビニでのバイト中に、客に絡まれて意識不明の重体に陥った、貧乏アラサーの桂木明日人(かつらぎ・あすと)。 目覚めたのは夜の森で、明日人は全裸で。 なぜか//
N7857DW| 小説情報| 完結済(全26部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
【完結済みです】 最強の魔法剣士を目指す少年リード。 戦士を育成する学院都市リグスハインを訪れた彼は胸を躍らせる。 しかし、イタズラ好きの神さまに呪いをかけられた彼が使う風魔法は、『女子の服だけ切り裂く魔法』で――!//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ