ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8592DK

必中の投擲士 〜石ころ投げて聖女様助けたった!〜

あらすじ 幼い頃から、遊びでずっと投げ続けた石ころ。
それはいつしか技術として極まり、強力なスキルとなった。
少年が投擲すれば百発百中。
届く範囲なら、小さな虫にだって当ててしまう。

そんな彼がある日、趣味の狩猟に没頭していた時のこと。
突如聞こえた悲鳴。
駆けつけると、そこでは暴漢に襲われている一人の女性神官が。
持ち前の投擲スキルを発揮し、彼女を助けたことで物語は動き始める――


*7/24~27
まさかの総合日刊1位をいただきました。

*8/19~23
月間、こちらもまさかの1位をいただきました。
ここまで本作を応援していただき、本当にありがとうございます。

*29/5/22
新紀元社様より、書籍版の第一巻が発売されます!
作者名 餅々ころっけ
キーワード R15 残酷な描写あり  男主人公 聖女 投擲 主人公最強系 ハーレム チート 獣人 後衛 スキル ステータス ご都合主義 勇者 書籍化 星球大賞 受賞
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2016年 07月22日 13時21分
最終話掲載日 2017年 05月28日 11時25分
感想 309件
※ログイン必須
レビュー 2件
ブックマーク登録 20,554件
総合評価 47,087pt
ポイント評価 2,975pt  : 3,004pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 293,860文字
N8592DK| 小説情報| 連載(全75部) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
幼い頃から、遊びでずっと投げ続けた石ころ。 それはいつしか技術として極まり、強力なスキルとなった。 少年が投擲すれば百発百中。 届く範囲なら、小さな虫にだって当ててしまう。 そんな彼がある日、趣味の狩猟に没頭していた時//
N6944DI| 小説情報| 連載(全65部) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
小さなころからとある理由で引き篭もっていた主人公、岸英真。 ある日自宅が全焼し、逃げることができずに焼死という最後を迎える。 死後、神は言った。 「あなた様の持つ力、それを失うのは惜しい」 神の提案により、異世界への//
N1918DK| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
ある日、夢を見をみた。 異世界で怪物を倒しまくる夢。 ただ、やけに生々しくリアルな夢。 夢の中で疲れ、眠る。 すると、現実の世界で目を覚ました。 あの夢はなんだったのだろうか……。 そして今晩も、また同じ夢をみる。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ