ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8558BB

悩める騎士と相談役の娘さん

短編
あらすじ とある国に忠実なる騎士がいました。その剣はただ一人、お姫様に捧げ、お姫様の為に戦い、命を懸ける。そんな、一途な騎士がいました。お姫様にとってより良い騎士でありたい、と願う騎士に悩みは尽きません。そんな騎士の相談相手は、城下の食堂で働く、しっかり者の娘さんでした。
作者名 ピヨ/七海ちよ
キーワード 童話風 お姫様至上主義 の騎士 平民の娘さん 一途 片思い
ジャンル 異世界〔恋愛〕
掲載日 2012年 02月19日 02時20分
感想 6件
レビュー 0件
ブックマーク登録 614件
総合評価 2,854pt
ポイント評価 809pt  : 817pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 7,121文字
N3413DW| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
 ――それからしばらくして、人々には吉報が届きました。長く人々を恐怖に陥れていた森の王が、死んだというのです。恐怖からの解放に、人々が歓喜に湧くのは道理でした。  森の王は、確かに死にました。けれど、人々は知りません。//
N4319BM| 小説情報| 連載(全34部) | 異世界〔恋愛〕
自分がその特異な世界に転生したと気付いたとき、終わりのない戦いへと自ら足を踏み入れる事を決意した。大切なものを守る為、そして大切な人の幸福の為に。私は、己の人生を賭ける。この特異な世界で、光差すその日まで――――――――//
N3115DR| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
人と魔族で争い合っていたこの世界は、勇者によって平和をもたらされた。 勇者の導きにより、二つの種族は歩み寄ることを決めたのだ。 私はそんな勇者様に、ずっと聞きたいことがあった。 ねえ、勇者様。 どうして魔族どもを、滅//
N6760DQ| 小説情報| 完結済(全10部) | 異世界〔恋愛〕
エルザの紳士な婚約者は、存外素直な人だった。 社交的で言葉を選ぶことはするけれど、楽しいと笑い、悲しいと落ち込み、怒ると拗ねたように唇を尖らせる。 そして、嬉しいときには輝くような笑顔を見せるのだ。 ――だから、つまり。//
N2286DL| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
 あるところに、人間と魔族の争う世界がありました。  長く魔族に苦しめられてきた人間は、一人の青年に『勇者』という称号を与え、魔族を打ち滅ぼす使命を与えました。人間とは思えないような魔力を悠々と操る勇者は、人間の『希望』//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ