ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8486BK

眼鏡とあまのじゃく ~真逆の君に恋するなんて、絶対あり得ない(はずだった。)〜

あらすじ 宝島社文庫より加筆修正版が「君に恋をするなんて、ありえないはずだった」というタイトルで書籍化されました。

主人公・飯島靖貴。地方の県立高校に通う三年の受験生。地味、眼鏡、奥手の彼は男ばかりの理系クラスでも目立たない存在で、もちろんモテるはずもなく灰色の青春を過ごしていた。ところが、夏休み直前に行われた勉強合宿の夜、それまで苦手にしていたクラスメイトで学年イチの美少女・北岡恵麻のピンチを救ったことから、以後彼女に靖貴は妙に気に入られてしまう。しかし恵麻が話かけてくるのは予備校帰りなどいつも学校外のみで、教室の中では常にしらんぷり。恵麻の真意を図りかねる靖貴。それでも、日に日に靖貴の中で恵麻の存在は大きくなっていくのだけれど……!?非モテとモテ女、根暗とギャル、相容れないはずなのにどっか似ていて、それでもって素直になれない二人のすれ違いラブストーリー。胸キュンです。


(本編はPixiv小説にも一部UPしております。4月2日より感想欄再開放しました☆)
作者名 筏田
キーワード 身分差 スクールラブ 日常 青春 高校生 恋愛 ツンデレ 学園 美少女と平凡 スクールカースト じれじれ すれ違い ネット小説大賞
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2012年 11月17日 23時04分
最終部分掲載日 2017年 08月06日 01時29分
感想 755件
※ログイン必須
レビュー 10件
ブックマーク登録 8,247件
総合評価 24,471pt
ポイント評価 3,976pt  : 4,001pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 302,785文字
N8486BK| 小説情報| 完結済(全110部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
宝島社文庫より加筆修正版が「君に恋をするなんて、ありえないはずだった」というタイトルで書籍化されました。 主人公・飯島靖貴。地方の県立高校に通う三年の受験生。地味、眼鏡、奥手の彼は男ばかりの理系クラスでも目立たない存在//
N5917CS| 小説情報| 完結済(全20部分) | コメディー〔文芸〕
真面目系クズの小椋仁奈は、金なし・縁なし・内定なしのがけっぷち理系大学院生(25歳・処女)。愛するものは酒と下ネタ。嫌いなものは義務とリア充。 この世は諸行無常と知りつつも、煩悩にまみれたニーナさんのグダグダでダメダメ//
N9963W| 小説情報| 連載(全105部分) | 純文学〔文芸〕
【9月5日、10月7日 エピソード追加、視点変更など改稿した書籍版を宝島社より連続で刊行いたします】 「月に行ってくる」――そう言い残して亡くなった父の死をきっかけに、都会へと引っ越してきた女子小学生・鴫原真咲。 新し//
N5871BI| 小説情報| 連載(全30部分) | 現実世界〔恋愛〕
普通の会社に勤めるサラリーマンの僕こと「のっち」(35)と優秀な女子学生「きぃ」(22・もうすぐ23)。平凡で適当でオッサンな僕と、容姿端麗・頭脳明晰・冷静沈着のパーフェクトな彼女。なにもかも違うように見えて、でも実は僕//
N3118CC| 小説情報| 完結済(全2部分) | 純文学〔文芸〕
どんな人でも、好きになるっていう衝動だけは抑えられないんです。 これは、今まで恋とは無縁の世界で生きてきたとある男性のちょっとしたお話です。 (再掲載)

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n8486bk

眼鏡とあまのじゃく - 読み専になろう

283 名前:この名無しがすごい![sage] 投稿日:2013/02/23(土) 20:41:00.22 ID:yZ+5vX8W【作品名】眼鏡とあまのじゃく【作者名】筏田かつら【URL】 ttp://ncode.syosetu.com/n8486bk/
URL:http://2novel.blog.fc2.com/blog-entry-1713.html

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ