ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8327DZ

エルフの山田さん(仮)~世界樹育ててみませんか?~

あらすじ  ある日アパートの隣の部屋に自称エルフの山田さんが引っ越してきた。引っ越しのご挨拶にと手渡された品物は山田さんが務める会社、ユグドラシルカンパニーの主力商品『ミニ世界樹』という盆栽。
 山田さん曰く、実は『ミニ世界樹』は本物の世界樹から作られた物で育てれば育てるほど力をつけ恩恵が授かれるという。
 あの日『ミニ世界樹』と、隣の山田さんのせいで俺の人生は一変してしまったのだった。

 田中くんと自称エルフの山田さんの一風変わった物語をお楽しみください。

 R15は保険です。


 
作者名 長尾さん(仮)
キーワード R15  日常 ほのぼの コメディ 世界樹 テクノロジー? ロリBBA? 育成 エルフ? 残念美少女 現代 男主人公
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2017年 05月22日 21時55分
最終話掲載日 2017年 07月20日 20時56分
感想 54件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 5,435件
総合評価 12,798pt
ポイント評価 954pt  : 974pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 141,379文字
N8327DZ| 小説情報| 連載(全39部) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
 ある日アパートの隣の部屋に自称エルフの山田さんが引っ越してきた。引っ越しのご挨拶にと手渡された品物は山田さんが務める会社、ユグドラシルカンパニーの主力商品『ミニ世界樹』という盆栽。  山田さん曰く、実は『ミニ世界樹』は//
N2980EB| 小説情報| 短編| 空想科学〔SF〕
 街外れの小さな研究所で世紀の大発明が生まれると言う噂を聞いた一人の盗人がその研究を奪うために研究所へ向かう。  研究所で作られていたのは『消える薬』という全てのものを透明化する薬品だった。  盗人はその薬の最終の試験の//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ