ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8308CU

七:とても親切な先輩

あらすじ その日は朝から嫌な天気だった。
そんな日に、文芸部で出している定期新聞の記事のため、僕は薄暗い教室に居残っていた。
一つ上の先輩に、怪談話を取材する。それが転校早々の僕に課せられた仕事だった。
作者名 黒崎
キーワード 夏のホラー2015 学校の七不思議 高校生 怪談
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2015年 08月06日 10時10分
最終部分掲載日 2015年 08月06日 12時10分
感想 3件
レビュー 0件
ブックマーク登録 4件
総合評価 36pt
ポイント評価 14pt  : 14pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 12,324文字
N6763DB| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
生け贄として龍神さまの元へと赴くこととなった私は、そこで龍神さまの本当の姿を知ることとなりました。 とてもお優しい龍神さま。心惹かれる存在です。 だけれどどうしてもどうしても無理なことがひとつだけ、あるのです。
N8308CU| 小説情報| 完結済(全8部分) | ホラー〔文芸〕
その日は朝から嫌な天気だった。 そんな日に、文芸部で出している定期新聞の記事のため、僕は薄暗い教室に居残っていた。 一つ上の先輩に、怪談話を取材する。それが転校早々の僕に課せられた仕事だった。
N6243CO| 小説情報| 短編| コメディー〔文芸〕
「シャ・ド・ショコラ」は大通りから少し外れた路地に面したショコラ専門店だ。 ショコラティエであり店長である姐さんは、ちょっと怖いがショコラティエとしての腕は抜群。 俺はそんな姐さんの店で、バリスタやったりソムリエやったり//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ