ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8098DN

竜に飼われる永遠は

あらすじ 花のように可憐な少年は、宝石のように美しい竜に飼われることになった。
――食事として。

「惚れたんだ。キミの体に。肉の味に。血のにおいに。骨の形に。……だから、私に飼われてくれないかい?」

少年は、百年に一度しかこの世に現れないとされる「竜のごちそう」だった。
そんな「ごちそう」を拾った真紅の竜は、彼に呪いをかけて不老不死にしてしまう。

「永遠にキミを食べ続けられるように。食べても死んでしまわないように」
と。

――これは、美しき真紅の竜と彼女に飼われた少年が、どこか歪んだ関係を築きながら、永遠を探す物語。
作者名 花見 もみじ
キーワード R15 残酷な描写あり  家畜系ツンデレ主人公 を飼っているヒロイン 歪んだ愛 依存 異種間恋愛 女装/男の娘 男装の麗人 竜 女騎士 シリアス ダーク 復讐 ヤンデレ ヒロイン最強
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2016年 09月22日 00時09分
最新部分掲載日 2017年 10月22日 17時12分
感想 15件
レビュー 2件
ブックマーク登録 344件
総合評価 954pt
ポイント評価 133pt  : 133pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 435,379文字
N8098DN| 小説情報| 連載(全93部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
花のように可憐な少年は、宝石のように美しい竜に飼われることになった。 ――食事として。 「惚れたんだ。キミの体に。肉の味に。血のにおいに。骨の形に。……だから、私に飼われてくれないかい?」 少年は、百年に一度しかこの//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ