ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8034BA

ゴブリンの王国

あらすじ 醜悪なる姿はゴブリンと呼ばれ、人に狩られるだけの存在だった種族がいた。しかし、ただ一人の王の存在によって彼らは生まれ変わる。
魔物を率いて神々への反旗を翻した王の物語。そして彼を支えた魔物と人間達の物語。

※1章『王の帰還』、2章『楽園は遠く』、3章『群雄時代』、第4章『遙かなる王国』完結。ゴブリンの王国完結いたしました。長らくの応援・感想・評価ありがとうございました。
作者名 春野隠者
キーワード 残酷な描写あり 異世界転生  オリジナル戦記 戦記 成り上がり 架空戦記 シリアス モンスター 異世界 剣と魔法 ダーク 転生 戦士 ネット小説大賞 ネット小説賞感想希望 人外
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2012年 01月22日 10時40分
最終部分掲載日 2016年 01月22日 12時00分
感想 3,330件
※ログイン必須
レビュー 15件
ブックマーク登録 26,141件
総合評価 76,605pt
ポイント評価 12,046pt  : 12,277pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 2,253,560文字
N5264DD| 小説情報| 連載(全27部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
偉大なる王は死んだ。だがそれでも時は流れ、物語は綴られる……歴史という名の物語は。 ※先ごろ完結いたしました【ゴブリンの王国】の外伝となります。王亡き世界の行く末、およびエピソードのまとめになります。どうぞお楽しみくだ//
N8034BA| 小説情報| 完結済(全371部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
醜悪なる姿はゴブリンと呼ばれ、人に狩られるだけの存在だった種族がいた。しかし、ただ一人の王の存在によって彼らは生まれ変わる。 魔物を率いて神々への反旗を翻した王の物語。そして彼を支えた魔物と人間達の物語。 ※1章『王の//
N7513BX| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
ある日突然力に目覚めた青年の能力は2つ。まつろわぬ亡霊の声を聞く力と電子の海を書き換える力。神の悪戯か、あるいは亡霊の怨念か。2つの能力を武器に、青年は永遠と言う幻想を殺して小説家に至る物語。
N3840G| 小説情報| 連載(全103部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 魔女を求める老人の妄執は、炎すら絡めとる糸ととなって王都に策謀の罠を張り巡らせる。過去から伸ばされた魔女の長い手は、老人の首を求めて憎悪に身を焼く。  賊徒を束ねるサギリと、王都の闇を支配するオウカの対決は、兇王ヴェル//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n8034ba

ゴブリンの王国 - 読み専になろう

492 名前:この名無しがすごい![sage] 投稿日:2012/08/30(木) 07:49:00.33 ID:1jbBrPVC「ゴブリンの王国」最強系TUEEでなく成長系TUEE敵に対して苦戦もするがしっかりTUEEしてる。スキル云々の設定もそ
URL:http://2novel.blog.fc2.com/blog-entry-640.html

ゴブリンの王国 - チラシの裏の読書感想文

ゴブリンの王国目が覚めたら襲ってきたのは強烈な飢餓感。「エサをとれ、出来なければ死ね。」容赦なく襲いかかってくる弱肉強食の掟。俺は王となる、他の誰にも頭を下げない。人外転
URL:http://fuyutuki703.blog.fc2.com/blog-entry-275.html

「ゴブリンの王国 」のぷちレビュー - 言の笹舟 web小説レビューサイト

 HP:小説家になろう 場所:ゴブリンの王国  原作:オリジナル 作者:春野隠者 様 最近増えてきたモンスターへの転生もので、気付いたらいきなりゴブリンに転生していた男のお
URL:http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/blog-entry-592.html

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ