ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8001BY

図書館ドラゴンは火を吹かない

あらすじ
 財宝の番人として古今に名高いドラゴン、その一頭であるリエッキが守るのは今は亡き司書王の図書館だった。
 書物の庇護者たる彼女は、火竜であるにもかかわらず決して炎を吐かなかった。
 炎は本を燃やすものと、そう断じて。
 

 これは物語師を志す少年の物語。そして、彼とともに歩んだひとりの少女の物語。
 ふたりは向かうところ敵なしの親友、形と影が寄り添うようにいつも一緒の、最高の友達同士。
 彼と彼女の友情は永久に不滅です。たとえどちらかが死んでしまってから、十年が、五十年が……いいえ、百年が経ったとしたって、絶対に。
 それでは、説話を司る神の忘れられた御名において――はじめましょう。


※書籍版、宝島社様より好評発売中です。
作者名 東雲佑/右
キーワード 冒険 ドラゴン ファンタジー 二重文体 友情 魔法使い/魔女 図書館 親子 物語師/語り部 ネット小説大賞受賞作
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2014年 02月04日 14時24分
最終話掲載日 2017年 03月30日 18時12分
感想 75件
レビュー 13件
ブックマーク登録 4,879件
総合評価 11,752pt
ポイント評価 1,003pt  : 991pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 334,025文字
N6649DY| 小説情報| 連載(全2部) | 童話〔その他〕
四つの季節の国を循環する川の畔で、春の国の竜の子『ハレ』は、冬の国から流れてきた冬の女の子『ユキ』と出会う。 おうちに帰りたいと泣くユキを、ハレは冬の国まで送っていくことにした。 優しくてでも少しだけ気弱なハレと、かわい//
N8001BY| 小説情報| 連載(全78部) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
■  財宝の番人として古今に名高いドラゴン、その一頭であるリエッキが守るのは今は亡き司書王の図書館だった。  書物の庇護者たる彼女は、火竜であるにもかかわらず決して炎を吐かなかった。  炎は本を燃やすものと、そう断じて。//
N1251CL| 小説情報| 連載(全11部) | 純文学〔文芸〕
 出口のない街の中央に位置する広場、そこには一台の古びた絞首台がある。  絞首台の傍には、いつでも同じ言葉の張り紙がしてある。  『ご自由にお使いください』
N7063DQ| 小説情報| 完結済(全8部) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
雨の夜、陵辱された少女は狂気に取り憑かれて街を去る。 精神の抜け殻となってさまよい歩いた少女は地下迷宮と化した古代都市へとたどり着き、狂人のまま魔物たちの姫君として祭り上げられていく。 (全八回)
N4897DQ| 小説情報| 完結済(全3部) | エッセイ〔その他〕
 記録によるともう4年も前らしいですが、自転車ですっころんで頭を打ってしばらく廃人のようになっていた時期があります。  脳の感情を司る部分をやってしまって、言ってみれば物理的に鬱病になったような状態でした。  これはその//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ