ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N7939EC

夏は夜が少ない

短編
あらすじ 物凄く、心太で噎せる。
作者名 袋小路 めいろ
キーワード 日常 青春 私小説 詩 人 夏 夜 あなた
ジャンル 詩〔その他〕
掲載日 2017年 07月15日 05時08分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 892文字
N8544EJ| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
ほうれん草を、ジュースに混ぜるのは嫌なんですが。
N8096EJ| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
子供会とか懐かしいなぁ。ビール瓶集めしてたなぁ。
N7997EJ| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
鍋焼きうどんの和風だしを買いに行く。
N7630EJ| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
コーヒーの季節であり、読書の季節ですね。
N7071EJ| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
新米が美味い。やっぱり、新米は美味い。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ