ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N7795CS

竹川無線

あらすじ 僕の携帯電話は不思議と不安定な電波で、メールや電話をうまく受信することができない。
忘れたころに受信して、でも受信したタイミングではもう返事をするには遅すぎる。
大学入学して直ぐの頃に受信していたメールは今ではなくなり、いつの間にか僕は一人ぼっちで大学生活を送っていた。
作者名 七橋綴
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
掲載日 2015年 06月21日 02時05分
最終部分掲載日 2015年 08月22日 17時32分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 8pt
ポイント評価 5pt  : 3pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 20,870文字
N3435DH| 小説情報| 連載(全2部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
そもそも手紙の返信にP.Sと使うことのなかった僕は、 果たしてその略称の元が、ポストスクリプト――――つまるところ追伸という意味に気がつくのには、 彼女との手紙が、それこそ鳥のように羽ばたかなくなって数年後の話だった。
N3869CW| 小説情報| 連載(全5部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
僕と薬袋梢の短編集。
N8071CZ| 小説情報| 連載(全3部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
青山春喜は大学院へと進学する。 進学と同時に始めたアルバイトは、大学内の就職課のデータの打ち込みのバイトだった。 次第に打ち込みの仕事だけではなく、対企業を想定した面接官を頼まれることになる。
N3872CW| 小説情報| 連載(全3部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
僕と薬袋梢シリーズの外伝的な話。 ※1話毎に独立しているので、本編「僕と薬袋梢」を読む必要はありません。
N7795CS| 小説情報| 完結済(全4部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
僕の携帯電話は不思議と不安定な電波で、メールや電話をうまく受信することができない。 忘れたころに受信して、でも受信したタイミングではもう返事をするには遅すぎる。 大学入学して直ぐの頃に受信していたメールは今ではなくなり、//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ