ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N7634DV

雪海の剣闘機:サグクマの神

連載中全1部分 1部分目を読む
あらすじ あらゆる物質が沈んでいく雪の海。
その海の上に浮かび続けるには「流力素」(フルーエレン)を使った浮遊装置が必要だった。

人々は直径二百キロメートルの閉鎖階層国家の中で生まれ、育ち、そして高さ十五メートルの人型兵器「雪上剣闘機」に乗り、戦い、死んでいった。

*このシリーズについて。
「雪海の剣闘機」シリーズは、二足歩行人型兵器が登場する、いわゆる「リアル系巨大ロボットもの」の物語ですが、主題は「あらゆる物質が沈んでしまう雪に覆われた世界と、その上に浮かぶ巨大構造物に住む人々を描く」ことです。
 それゆえに「雪海の剣闘機」と題しながら、いわゆる巨大ロボットが出てこなかったり、出てきても背景としてほんの少ししか描写されない物語も含まれます。
タグに「ロボットシーン多」「ロボットシーン中」「ロボットシーン少」「ロボットシーン極少」「ロボットシーン無」と書きますので目安にしてください。
作者名 青葉台旭
キーワード R15 残酷な描写あり  雪海の剣闘機 ロボットシーン無
ジャンル 空想科学〔SF〕
掲載日 2017年 03月06日 12時17分
最新部分掲載日 2017年 03月06日 12時17分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,617文字
N0302EH| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
私が昨日の夜に見た夢の話です。
N7929EE| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
「ハーレム禁止の最強剣士!」のsynからaratuguへの思いを歌にしました。
N6714CR| 小説情報| 連載(全57部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
少年剣士アラツグ・ブラッドファングは、修行を終えて人間社会に復帰してから一年と言うもの、ろくに職にも就かず、ブラブラと自堕落な日々を送っていた。それを心配した兄弟弟子のローランド・ブルーシールドは、ある日、アラツグを外へ//
N8384ED| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
私の作品「ハーレム禁止の最強剣士!」と同じ世界で、「ハーレム禁止〜」の時代から三千年後に発見された古文書という設定です。 良かったら「ハーレム禁止の最強剣士!」と合わせて読んでみてください。
N5339DS| 小説情報| 連載(全45部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 大陸全土を支配し繁栄の絶頂にあった帝国が、海の果てから流れ込んだ〈霧〉により一夜のうちに滅ぼされて二十年。  大陸北西部に広がる大森林地帯のど真ん中、樹齢数千年を超える巨木の間を走る街道に一頭の粕毛馬があった。  その//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ