ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N7568CS

踊るキグルミ

あらすじ 大学に入学し、一人暮らしを始めた私は自宅の周囲で不思議なものを見かけるようになる。それはピンク色のクマのキグルミだった。ただ道ですれ違うだけではなく、そのキグルミは奇妙な踊りを私の前で踊ってみせる。理解不能なその行動に、私は不安を覚えるようになる。
ある日、スマートフォンで撮影した画像を見せながら、クマのキグルミが踊っている様子を友人に話したところ、それを聞いた櫻井先輩から、私は思わぬ指摘を受けることになる――
というミステリー作品です。
作者名 しまうま
キーワード 日常 ミステリー 現代(モダン) 大学生 女主人公 キグルミ 推理 女子大生
ジャンル 推理〔文芸〕
掲載日 2015年 06月20日 17時06分
最終話掲載日 2015年 07月30日 00時06分
感想 8件
レビュー 2件
ブックマーク登録 78件
総合評価 443pt
ポイント評価 146pt  : 141pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 23,868文字
N1650CK| 小説情報| 連載(全113部) | その他〔その他〕
うちのかわいいかわいい猫についてのエッセイです! 猫との生活は、かわいくて、ほのぼのです! 無断外泊をしたり、網戸を壊したり、洗濯機の中に入ったり、ソファーをぼろぼろにしたり! やりたいほうだいなうちの猫ですが、お土産に//
N0355DS| 小説情報| 連載(全4部) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
憧れのフィリップ先輩に話しかけられ、妄想を膨らませる私は先輩との身分の差に頭を悩ませるようになる。 いま、同じ学院の生徒であるうちに自分想いを伝えておかないと、もうこんな風に気軽に話をすることはできないかもしれない。 焦//
N7047DM| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
自宅のアパートの階段で、私は不気味な女と出会う。 服はボロボロ、血まみれで、包丁を持っている。 なんとか部屋に逃げ込んだ私が見たのは、思いがけない光景だった。
N3964DK| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
私の頭の中で、ときおり声が聞こえる。 声に気づいて、内容を聞き取ろうとすると、声は消えてしまう。 声が消えるときスイッチを切る音がする。 バチン。 だから、きっとテレビの音が聞こえているのだと思う。 夏のホラー2016//
N2279DK| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
楽しかった臨海学校は突如として終わりを迎える。 それは肝試しが開催されたからだ。 うす暗い森の中を進む私たちは、そこであるはずのないものを見ることになる。 ホラーとコメディーのちょうど中間くらいを目指して書いてみまし//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ