ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N7564EA

機械人形と俺

あらすじ 二×××年、日本は機械技術の目まぐるしい発展により機械人形、通称「ドール」を作ることに成功した。
(昔書いた作品を修正したものです)
作者名 ことぬき
キーワード 日常 人工知能 ヤンデレ
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2017年 06月09日 03時26分
最終部分掲載日 2017年 06月09日 03時28分
感想 1件
レビュー 0件
ブックマーク登録 2件
総合評価 24pt
ポイント評価 10pt  : 10pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 2,609文字
N5385EB| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
大林 倫理(おおばやし りんり)は後悔した。こんなことになるのなら異世界転生などしなければよかったと、自分の選択を大いに悔やんでいた。
N7610DX| 小説情報| 連載(全21部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
世界は呪われている。 遥か昔、神が溢した憎しみは天使を、人を、生物を狂わせた。 そんな世界で、彼――ガルムは生まれる。 成長した彼は学院に入学し、様々な出来事を経て、内に存在する蠢くチカラを知覚する。 それは、ガルムの運//
N7564EA| 小説情報| 完結済(全2部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
二×××年、日本は機械技術の目まぐるしい発展により機械人形、通称「ドール」を作ることに成功した。 (昔書いた作品を修正したものです)
N8768DX| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
それは何気ない一言だった。 特に考えもせず、感情に身を任せて放った空洞な言葉。だけどもそれは、ぶつけられた者に真実が伝わるはずもなく、意味は正しく間違って受け取られ、そして、一つの感情が生まれる。 (昔書いた短編を修正//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ