ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N7372ED

暗愚帝は空っぽ後宮で畑姫を愛でる

あらすじ ドラザシャールの暗愚帝と名高いハイラートは御歳21にして、帝国政治の膿を一掃した。ついでに賄賂と私刑と行方不明が日常茶飯事の跳梁跋扈とした後宮も空っぽにした筈だった。「これで鬼のような女どもは一人残らず居なくなっただろう」「‥‥陛下、誠に申し上げにくいことですが、お一人だけ残っていらっしゃいます」それは後宮に入ること半年、一度も皇帝のお手がつかなかったばかりか、実家が潰れ一人の侍女もつけられない、王宮内で畑を耕す姫だった‥‥。
作者名 緒澄まし
キーワード じれじれ 後に溺愛 家庭菜園 精霊 ハッピーエンド アイリス恋愛F大賞8
ジャンル 異世界〔恋愛〕
掲載日 2017年 07月30日 18時49分
最新部分掲載日 2017年 08月29日 21時29分
感想 41件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 6,972件
総合評価 15,927pt
ポイント評価 984pt  : 999pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 26,020文字
N7372ED| 小説情報| 連載(全25部分) | 異世界〔恋愛〕
ドラザシャールの暗愚帝と名高いハイラートは御歳21にして、帝国政治の膿を一掃した。ついでに賄賂と私刑と行方不明が日常茶飯事の跳梁跋扈とした後宮も空っぽにした筈だった。「これで鬼のような女どもは一人残らず居なくなっただろう//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ