ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N7276DR

冬の塔

あらすじ 冬の童話祭2017に提出した小説。

「塔の国」にあるウルプスという街のなかに、王様の暮らすお城があります。お城の城壁のなかには「冬の館」がありました。
「冬の館」のお姫様は、冬を迎える時期に塔へと移り住むことにより、冬の季節をつかさどる「冬の女王」となります。しかし、冬の時期が過ぎても「冬の女王」は塔からでてきません。
冬を終わらせる為に、王様は「春の女王」と「冬の女王」を交替させたものに褒美を与えるというお触れを出します。
春の季節をつかさどる「春の女王」と「冬の女王」が交代するまでのお話です。

*本作は「冬の童話祭2017」のプロローグを使用した作品です。

作者名 櫛之汲
キーワード 冬の童話祭2017 冬童話2017 ファンタジー
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2016年 12月16日 20時30分
最終部分掲載日 2017年 01月16日 12時51分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 3件
総合評価 16pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 28,172文字
N5391DG| 小説情報| 連載(全10部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
商家の娘に生まれたフレーレは、跡目を追われた行方不明の長男――ラインの行方を探していた。 ある日のこと、フレーレの実家の倉庫から、ラインの書き残したと思われる日記が見つかる。商人に向かず算術を苦手としたフレーレは、大嫌い//
N7276DR| 小説情報| 完結済(全13部分) | 童話〔その他〕
冬の童話祭2017に提出した小説。 「塔の国」にあるウルプスという街のなかに、王様の暮らすお城があります。お城の城壁のなかには「冬の館」がありました。 「冬の館」のお姫様は、冬を迎える時期に塔へと移り住むことにより、冬//
N7431DG| 小説情報| 連載(全4部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
高校新一年生となった葵は、かねてからの第一志望先である〈図書部〉へ体験入部する。図書室に部長が現れると、新一年生へ向けてこう言う。 「図書館に行くと、おすすめの本の冊子が置いてあることありますよね。そのようなもので、我が//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ