ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N7265CU

空き教室で

短編
あらすじ これは僕が高校2年の夏の話。
2007年8月2日。
私立大橋高校・2年生進学コース、夏期講習2日目の出来事だ。
確かあの年は酷い暑さで、蝉がとてもうるさかった。
作者名 押水武
キーワード R15  夏のホラー2015
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2015年 08月04日 01時55分
最終更新日 2015年 08月05日 00時32分
感想 2件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 4件
総合評価 53pt
ポイント評価 23pt  : 22pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 5,499文字
N5350EF| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
子供が欲しいです。 何の子供でもいいから。 人間の子供じゃなくてもいいから。 可愛がってあげたいです。
N4966EE| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
編集プロダクションでバイトをしていたとき、気味の悪い 2つのテープ起こしをしたことがあります。
N9411ED| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
僕が子供のころ。 お姉さんに連れられて閉園後の裏野ドリームランドに入りました。 アクアツアーのコース外、茂みの向こうにひっそりとある建物で、 僕は喋る魚を見ました。
N7465ED| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
学生時代の友人が亡くなりました。 まだ20代。死ぬには早すぎる年です。 彼はいわゆる曰く付き物件に住んでいました。
N9069DV| 小説情報| 完結済(全15部分) | ホラー〔文芸〕
大体毎日昼前に目が覚める。 目が覚めると家には由希子さんだけがいる。 家族はいない。 僕は一日の大半を由希子さんと二人で過ごす。 生きているか死んでいるのかはもうわからない。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ