ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N7215EA

僕の中から消えて…

短編
あらすじ 僕の大好きなおじいちゃん。
そのおじいちゃんがある雪の降る日に死んだ。

おじいちゃんの死から僕の物語は、
大幅に変わる!

「おじいちゃん…大好きだよ…」
作者名 空海 夕姫
キーワード 日常 文フリ短編小説賞2 悲しい 大好きな人の死
ジャンル その他〔その他〕
掲載日 2017年 06月08日 16時14分
感想 11件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 6件
総合評価 48pt
ポイント評価 18pt  : 18pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 5,288文字
N7215EA| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
僕の大好きなおじいちゃん。 そのおじいちゃんがある雪の降る日に死んだ。 おじいちゃんの死から僕の物語は、 大幅に変わる! 「おじいちゃん…大好きだよ…」
N6400EA| 小説情報| 連載(全1部) | アクション〔文芸〕
僕はあの日から毎日毎日…大きな大きな木を夢でみるようになった。 小さい頃に両親を亡くした。その日から大きな木をみるようになった。 僕は知らなかった!その木が原因で僕を冒険の世界へと連れていくことになるなんて! これは、//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ