ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N7208EC

22番ホームの亡霊

短編
あらすじ 「22番ホームに亡霊が出るらしい」
奇妙な噂を聞きつけた獅子祭咲華は亡霊の正体を調査する。
しかし以外にもその正体は…………!!
作者名 恒我臥薪
キーワード R15  怪談 夏のホラー2017
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2017年 07月13日 21時01分
最終更新日 2017年 07月13日 21時03分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 7pt
ポイント評価 4pt  : 3pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 13,346文字
N6368EF| 小説情報| 連載(全10部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 「俺は何がしたかったんだ………」  記憶と共にこの世から去った佐奈田誠二は異世界に転移した。  何もわからない世界で誠二はひた向きに過去の自分を探して旅を続ける。  恩人との別れ、王国との決別、そして………  何も残せ//
N3881DJ| 小説情報| 連載(全16部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
   「君には世界は救えない」  何もないマキセは師匠である桐老宰の最後の言葉を信じられなかった。それでもマキセはただひた向きに世界を救おうと励む。  幾つもの季節や世界を越えて、マキセはいったい何を見るのだろうか。  //
N7208EC| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
「22番ホームに亡霊が出るらしい」 奇妙な噂を聞きつけた獅子祭咲華は亡霊の正体を調査する。 しかし以外にもその正体は…………!!
N3894CU| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
あの日あいつを見てしまった。 見えなければ良かった。 だが、もう目の中に残ってしまった、あいつの姿が・・・

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ