ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N7011CJ

星詠みの巫女と幸運の星

あらすじ ――星の輝きは、いのちの輝き。夜空に光る星が落ちたとき、地上のいのちもひとつ消える。
地上へと落ちた星は、星詠みの巫女によって見つけられ、星拾い人によって探し出し、遺された人のもとへと届けられる。
当代の星詠みの巫女であるシャートには、幼い頃からともにいる世話役の青年・アルコルがいた。星詠みの巫女は、島の中心にある塔の外へ出ることなく、流れ落ちた星の居所を告げるだけ――けれど、とあるひとつの星をきっかけに、シャートは「星を届けに行きたい」と言い出して、ふたりの変わらなかった日常が、ほんの少しずつ変わってゆく。
大切な人の星を受け取る人間も、いろいろな人がいる。いらないと叫ぶ者、泣き崩れる者、泣きそうな顔で微笑む者――そんな人々との出会いの中で、いつも一緒だったシャートが、少しずつ手の届かない遠くへいってしまいそうな、そんな予感がしていた。
満天の星空のもとで繰り広げられる、シリアスファンタジー。
作者名 青柳朔
キーワード 流れ星 青年少女 切ない ファンタジー シリアス 異世界 巫女
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2014年 11月16日 19時00分
最終部分掲載日 2014年 12月25日 20時37分
感想 3件
感想受付停止中
レビュー 1件
レビュー受付停止中
ブックマーク登録 62件
総合評価 194pt
ポイント評価 35pt  : 35pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 76,347文字
N2234DL| 小説情報| 連載(全78部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
魔法伯爵リュース・ルイスの訃報が、王国中を駆け巡った。 その娘・アイザは父の爵位を継ぐためにと王都へ向かおうとするのだが――その行く先をならず者の集団で有名な国境騎士団に阻まれる。 国境騎士団から逃れた先、禁忌のヤムスの//
N9565EH| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
花嫁がしあわせになりますように。 なにかひとつ、古いものを。 なにかひとつ、新しいものを。 なにかひとつ、借りたものを。 なにかひとつ、青いものを。 でも、それだけじゃ足りない。 魔女に呪われた、サフィニア・ノースモア//
N4813EH| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
静かに雨が降る午後のことだった。 ユレンのもとへ、ひとりの青年がやってきた。 「貴女を迎えに来たんです。貴女の養父に頼まれて」 嘘だとわかっていながらその手を取った。 嘘だと思いたくなくて目を瞑った。 けれど、そのやさ//
N1651CN| 小説情報| 完結済(全63部分) | 異世界〔恋愛〕
「わたし、聖女代行をすることになったわ」 「え、なんですかその死亡フラグ」 公爵令嬢のルティアナは、異世界から聖女召喚されるまでの間、聖女の代わりに魔物討伐の旅に出ることになった。けれど旅の仲間はどれも一癖あるうえルティ//
N7011CJ| 小説情報| 完結済(全18部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
――星の輝きは、いのちの輝き。夜空に光る星が落ちたとき、地上のいのちもひとつ消える。 地上へと落ちた星は、星詠みの巫女によって見つけられ、星拾い人によって探し出し、遺された人のもとへと届けられる。 当代の星詠みの巫女であ//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ