ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6983CK

珈琲はいかがでしょう

短編
あらすじ 雪の降る街で、彼女は今日もコーヒーを売る。けれどそれも、もうおしまい……。
作者名 かなだも
キーワード クリスマス 一杯のコーヒー 冬童話2015
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2014年 12月12日 19時48分
感想 2件
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 19pt
ポイント評価 10pt  : 9pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 3,163文字
N4138DR| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
ゴミ置き場に落ちていた人形を拾ってしまった男に降りかかる悲劇……
N1489DR| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
川沿いの遊歩道を歩いていると、急に街灯が点滅を始めた。点滅は追いかけるように、先回りするように、ついてくる。その理由とは……。 童話といっても、少し大人向けな文章と内容です。 オリジナルものですので、その点もご了承く//
N6983CK| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
雪の降る街で、彼女は今日もコーヒーを売る。けれどそれも、もうおしまい……。
N8158BU| 小説情報| 完結済(全26部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
山間の村「雛威村(ひないむら)」に越してきた彩原みかげ(あやはらみかげ)は、転校初日、学校の先輩にあたる杞紗峰セツ(きさみねせつ)に引き止められ「魔法は使えるか」と聞かれる。杞紗峰の異様な雰囲気と先輩への気遣いから、つい//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ