ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6975DK

節穴の末路

短編
あらすじ 「英霊を称えよ」
 僕は昔から、その慰霊碑を蹴っ飛ばしてやりたかった。
作者名 ピヨ/七海ちよ
キーワード シリアス 男主人公 異世界 魔物 討伐隊 食堂 看板娘
ジャンル 異世界〔恋愛〕
掲載日 2016年 07月18日 20時54分
最終更新日 2016年 07月19日 13時40分
感想 25件
※ログイン必須
レビュー 1件
ブックマーク登録 1,128件
総合評価 7,553pt
ポイント評価 2,644pt  : 2,653pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 13,716文字
N3307ED| 小説情報| 完結済(全24部分) | 異世界〔恋愛〕
クシェル・ロッシュは十七歳にして、すでに嫁き遅れを覚悟していた。理由は単純にして明快。彼女と婚約した三人の男性が不運にも、全員死亡してしまったからである。 ついたあだ名は死神令嬢。 不名誉なあだ名をほしいままにする彼女の//
N3413DW| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
 ――それからしばらくして、人々には吉報が届きました。長く人々を恐怖に陥れていた森の王が、死んだというのです。恐怖からの解放に、人々が歓喜に湧くのは道理でした。  森の王は、確かに死にました。けれど、人々は知りません。//
N4319BM| 小説情報| 連載(全34部分) | 異世界〔恋愛〕
自分がその特異な世界に転生したと気付いたとき、終わりのない戦いへと自ら足を踏み入れる事を決意した。大切なものを守る為、そして大切な人の幸福の為に。私は、己の人生を賭ける。この特異な世界で、光差すその日まで――――――――//
N6760DQ| 小説情報| 完結済(全10部分) | 異世界〔恋愛〕
エルザの紳士な婚約者は、存外素直な人だった。 社交的で言葉を選ぶことはするけれど、楽しいと笑い、悲しいと落ち込み、怒ると拗ねたように唇を尖らせる。 そして、嬉しいときには輝くような笑顔を見せるのだ。 ――だから、つまり。//
N2286DL| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
 あるところに、人間と魔族の争う世界がありました。  長く魔族に苦しめられてきた人間は、一人の青年に『勇者』という称号を与え、魔族を打ち滅ぼす使命を与えました。人間とは思えないような魔力を悠々と操る勇者は、人間の『希望』//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n6975dk

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ