ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6952CT

ボクらは危機一髪

短編
あらすじ ボクらはある日とんでもない事件に遭遇してしまった。
それはタイムスリップとかゲームみたいな体験なんかではなく、現実の出来事だった!


登録番号 : N00013
作者名 流鏑馬山雅
キーワード 声優魂2015 学園ドラマ 戯曲 N00013
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
掲載日 2015年 07月12日 19時05分
最終更新日 2015年 07月20日 20時19分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 9,195文字
N4810ED| 小説情報| 連載(全1部分) | 純文学〔文芸〕
〜老人は青年に言った 「人生はこの交差点のようなものだ。行き交う人は互いを知らない。だがある日突然に誰かが自分の人生を大きく左右しかねない。そして時には死さえももたらすものだ」と
N6952CT| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
ボクらはある日とんでもない事件に遭遇してしまった。 それはタイムスリップとかゲームみたいな体験なんかではなく、現実の出来事だった! 登録番号 : N00013
N6872CT| 小説情報| 連載(全5部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
僕は横浜で出会った赤いドレスの女性に魅了され、とあるカフェの扉を開けた。 そこは大正浪漫に代表される調度品と、それらとはかけ離れたイメージのマスター、黒部龍司のアンバランスな世界だった。 僕、城田翔平は//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ