ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6905BI

前の席のテレパス

短編
あらすじ 前の席の気になる小塚真由子。ある日、真由子は自分の秘密を打ち明けてくる。自分は人の心が読める超能力者なのだと。そして俺に頼み事をしてくる。自分で変な妄想はしてくれるな、と。
(改稿しました)
作者名 いなばー
キーワード 日常 青春 恋愛 中学生 超能力 人の心が読める 気象 夕焼け
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
掲載日 2012年 09月02日 07時48分
最終更新日 2013年 08月23日 22時56分
感想 5件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 61件
総合評価 573pt
ポイント評価 222pt  : 229pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 7,369文字
N1567DS| 小説情報| 短編| アクション〔文芸〕
犬上は殺し屋。 優子は女子高校生。 クリスマスイブの街を二人は行く。 (カクヨムにも投稿しています)
N3860CO| 小説情報| 連載(全62部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
 とある田舎にある『上葛城商店街』。 アーケード? そんなものなくても大丈夫。住民みんなで仲良く元気に働こう! なんて思っていたら、今日も恋、愛、友情、美人、跡継ぎなどなどの小事件が巻き起こり……。  拙作の「『上葛城商//
N3691DC| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
勇者マクシミリアンは、最終決戦の場たる氷山を穿って造られた純白の城に足を踏み入れた。 そこに待ち受けていたのは黒いローブをまとった魔王。 ゆっくりと立ち上がった魔王は言った。 「……好きです」 そこにいたのは、金髪の、く//
N5823CS| 小説情報| 完結済(全4部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
今日、私はワケありで中学校をサボった。そしたら知らない女の人に見つかって捕まってしまう。見逃してくれないその若子さんは、監視だとか言って私にカバン持ちをさせた。彼女が持っていたのは記憶を写し出すカメラ。お婆さんの遠い昔の//
N4290CN| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
高校三年のバレンタインデーが迫っていた。私は手作りチョコを作るべく、親友の助けを借りることにする。面倒くさがりながらも手伝ってくれるのが我が親友なのだ。この親友とも大学に進学したらお別れ……(セリフがあるのは主人公と親友//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ