ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6902DB

まりちゃんの足あと

短編
あらすじ 冬の間まりちゃんは、いつもお留守番。
でも、寂しくなんかありません。
まりちゃんの足あとには、とても優しいおともだちがいるのですから。
作者名 鷹羽慶
キーワード 冬童話2016 ファンタジー 妖精 雪
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2016年 01月14日 12時40分
最終更新日 2016年 06月01日 13時23分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 19pt
ポイント評価 8pt  : 9pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 5,898文字
N6531CV| 小説情報| 完結済(全60部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
携帯電話が普及して約半世紀。政府が〝携帯電話所持の義務化〟を提言した頃、死神と名乗る者達から「四日以内に死亡するため、やり残したことは済ませて欲しい」といった内容の電話が掛かってくるようになった。その電話が来た者は宣告通//
N6902DB| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
冬の間まりちゃんは、いつもお留守番。 でも、寂しくなんかありません。 まりちゃんの足あとには、とても優しいおともだちがいるのですから。
N6550DB| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
絵が売れず、自信を無くしてしまった絵描きのサン。 そんなある日、親友のロイズは一本のクレヨンを持ってきて言いました。 「このクレヨンで、カンバスを仕上げて欲しい」 それは、ガラスのようにとうめいなクレヨンでした――。
N6683CW| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
スタートラインに立った。でも、遥か向こう、ゴールテープを切ることは出来ないでいる―― ※他サイトにも掲載中です。
N8678CU| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
広島で生まれ育った喜里は大学進学を機に上京。夏休みを間近に控えたある日、同級生達との平和学習の違いに気づかされる。夏休みに入り帰省した喜里は、小学生の従兄弟と再会。夏休みの予定を嬉しそうに話す従兄弟は八月六日にも予定を入//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ