ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6846DB

小さな姫君と森の魔物

あらすじ 冬の童話祭2016参加作品です。
王様にうとまれ、お城の片隅でひっそりと暮らす風変りなお姫様。
侍女のマリアを話し相手に、気ままな毎日を送っていましたが、ある日魔物が現れて、マリアをさらってしまいます。後を追ったお姫様は森の魔女につかまって・・・?
作者名 花瓶
キーワード R15 残酷な描写あり  人外 西洋風 ハッピーエンド 魔女 サバト 酔っ払い侍女 冬童話2016
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2016年 01月14日 06時29分
最終部分掲載日 2016年 01月14日 06時34分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 3件
総合評価 6pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 17,433文字
N6846DB| 小説情報| 完結済(全5部分) | 童話〔その他〕
冬の童話祭2016参加作品です。 王様にうとまれ、お城の片隅でひっそりと暮らす風変りなお姫様。 侍女のマリアを話し相手に、気ままな毎日を送っていましたが、ある日魔物が現れて、マリアをさらってしまいます。後を追ったお姫様は//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ