ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6844DB

アッチョンと星の姫

短編
あらすじ 星の国のたった一人のお姫キララ。キララをいつも陰から見守る小人のアッチョンでしたが、ひょんなきっかけでキララに見つかってしまいます。
キララの夢を知ったアッチョンはむかーし、むかし、キララのおばば様から言われたことを思い出すのです。
聞いただけで一度もやったことがないことですが、キララに勇気をもらってやってみます。
無事成功しましたが、その成功したかわりに失うものがあったのです。

作者名 seia
キーワード 冬童話2016 星 小人 ほのぼの お姫様 涙 童話
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2016年 01月14日 06時11分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 3件
総合評価 44pt
ポイント評価 19pt  : 19pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 8,526文字
N1685CQ| 小説情報| 連載(全40部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
昼寝の子=シエスタ、と呼ばれてしまうアイビー。彼女はヘリックス皇国、第二皇女。兼、夜間国境警備隊に所属している。 冴えたところもありながら、やや鈍感でもある。いままで生活していた場所から拠点を移し、魔法が想うように使うこ//
N2549CM| 小説情報| 連載(全26部分) | その他〔その他〕
嫁が語る嫁の生態です。 お嫁さんって色んなタイプがいますよね。でも、この嫁ちょっと変なんです。 そんな嫁が語る嫁の生態話。 ※小説文法に乗っ取っていませんので、そのことご理解ください※ ※カクヨムにタイトル違いでほぼ//
N7274DF| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
伝えたかった想い。 忘れたくないあの頃の想い。 綴りました。 ※カクヨムに同じ内容(タイトルが違います)掲載中
N6844DB| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
星の国のたった一人のお姫キララ。キララをいつも陰から見守る小人のアッチョンでしたが、ひょんなきっかけでキララに見つかってしまいます。 キララの夢を知ったアッチョンはむかーし、むかし、キララのおばば様から言われたことを思い//
N3111DA| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
女の子が集まったら得意の恋愛トークに花を咲かす。 でも恋愛トークが苦手な主人公・公香(きみか)は突然話題を振られて、思わずついてしまった小さな嘘。 言ってしまった自分の言葉に色々考える公香。 ――――――――――――――//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ