ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6771DN

凪の塔と木枠の翼

あらすじ  教皇庁から派遣された異端審問官の少年ピエトロと准司祭の少年ディーノは、ディアマント王国に調停役として派遣され、塔に囚われている人物の食事の世話をしながら情報収集をしていた。
 そんなある日、ピエトロがいつものように食事を持って塔に向かうと、何か様子がおかしいことに気付く。そこに更に押し寄せる足音と殺気立った怒鳴り声に、慌てて屋上に駆け上がると――
 目の前に、一対の大きな翼を背負った女の子の後ろ姿があった。

※念のため残酷な描写タグを付けてはいますが、例によってそれほど多くはないと思います。
作者名 葉月ミハル
キーワード 残酷な描写あり  冒険 男主人公 魔法 ネット小説大賞五 ネット小説大賞感想
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2016年 09月19日 14時53分
最終部分掲載日 2016年 11月05日 00時01分
感想 2件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 13件
総合評価 64pt
ポイント評価 19pt  : 19pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 128,194文字
N6771DN| 小説情報| 完結済(全52部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 教皇庁から派遣された異端審問官の少年ピエトロと准司祭の少年ディーノは、ディアマント王国に調停役として派遣され、塔に囚われている人物の食事の世話をしながら情報収集をしていた。  そんなある日、ピエトロがいつものように食事//
N5819DB| 小説情報| 完結済(全42部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 聖剣士のアレスは、正体のわからぬ何者かに命を狙われる妹のレイチェルを守るため、彼女を連れて王都からの逃避行を続けていた。  しかし、追っ手である強力な魔剣士との戦いにより聖剣を失い、新たな剣を求めて近くの街を訪れた。 //

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ