ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6647CY

『連載版』異世界でダンジョンマスターになった私は、ガチャを回させています。

あらすじ 高ランク冒険者、貴族、大富豪――どのような人間であろうとも、運の前には膝を屈することになる。
それでも尚、掴み取りたい幸運があるが故に、人々は挑み続ける――ガチャに!

さあ、欲しいものがあるならガチャを回しなさい!
多々買わなければ、手に入らないものがここにはありますよ!

ファンタジー世界でガチャを『回させる』運営側の主人公が織り成す、不幸と幸運、祝福と阿鼻叫喚が入り混じる短編シリーズの連載版、開始です!



短編シリーズとして4つ投稿していた話を、今回から連載にまとめることにしました。初めての方も短編をお読みいただいた方も、どうか今後ともよろしくお願いします!
11/15修正
1~4話までは短編の話をそのまま投稿していましたが、いくつか変更させていただきました! 03話のガチャチケ配布の枚数を『Bランクからは難易度に応じてSR以上確定チケット複数配布』に。その後のガチャ描写でのノーマル、レアのアイテムの当選内容を『タオル』→『ポーションセット』に。
『ボールペン』→『エナジーポーションセット』に変更しています。

設定に無理がある等のご意見を参考にさせていただいて、修正することもあるかもしれません。未熟な作者に色々教えてくださると嬉しいです!

5話は短編にはなかった追加話です。コンプガチャを題材にしています。
話にインパクトを持たせたいなーと思いつきで書いていったので、変なところがあるかもしれません(汗)。 ご意見ご感想、お待ちしております!

更新は不定期ですが、週1くらいを予定しております。
作者名 千条 悠里
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転移  ファンタジー 異世界 ガチャ ダンジョンマスター 非戦闘(自衛は除く) カジノ ギャンブル ネット小説大賞五 ネット小説賞感想希望 主人公は少女 主人公はガチャ運営側
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2015年 11月05日 13時03分
最新部分掲載日 2017年 01月01日 04時08分
感想 611件
※ログイン必須
レビュー 3件
ブックマーク登録 7,861件
総合評価 20,818pt
ポイント評価 2,528pt  : 2,568pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 368,022文字
N6647CY| 小説情報| 連載(全37部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
高ランク冒険者、貴族、大富豪――どのような人間であろうとも、運の前には膝を屈することになる。 それでも尚、掴み取りたい幸運があるが故に、人々は挑み続ける――ガチャに! さあ、欲しいものがあるならガチャを回しなさい! 多//
N1518DM| 小説情報| 短編| エッセイ〔その他〕
※追記 他の方も同じ内容のエッセイを書かれていたそうなので、自己流とかトンデモ論という表記は取り除きました。 前から頭の中に浮かんでいたことを、何となく書き出してみただけの話です。 正直、自分の力量では大したことは//
N1029DM| 小説情報| 短編| パニック〔SF〕
 本来なら土日の休日を楽しみにしていたはずの週末。しかしある日突然、週末になると人類は終末世界――ゾンビが闊歩する地獄絵図の世界へと転移させられるようになった。 原因は一切不明。分かっているのは土曜日の深夜0時から日曜//
N2908CY| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
人は何故賭けるのか。何故賭けを止められないのか。 破滅と希望が隣り合わせの狂気の遊戯へと、今日も挑む者がまた1人。 彼は希望を掴めるのか、それとも――。 異世界×ガチャの短編シリーズ、第4弾です!     ※ 今回は『//
N9386CX| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
ガチャチケット――集めれば無課金でもガチャを回せて、レアアイテムが手に入るかもしれない、そんな希望のアイテム。 しかし無料とは、魔物だ。 もし仮に無料のガチャチケットで幸運を掴んだのなら、その先に待つのは――。 ダンジ//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n6647cy

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ