ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6628DW

蒼海の魔槍(グングニル)~超高速ロケット魚雷で日本が無双

あらすじ 現代でも回避する事が困難と言われるロシアの超高速ロケット魚雷「シクヴァル」。そのシクヴァルもどきの魚雷を太平洋戦争前に日本海軍が偶然の積み重ねで開発に成功してしまいます。当時としてはオーパーツのようなチート兵器を得た事で、日本の潜水艦は駆逐艦に狩られる存在から狩る存在へと変貌します。そして戦術だけでなく戦争の流れすらも大きく変わっていきます。

無双のために技術開発史と設定にとことん頑張ってみました。それ以外はいたって真面目なIF戦記物を目指します。どうぞ物語をお楽しみください。

この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。
作者名 もろこし
キーワード R15 残酷な描写あり  IF戦記 架空戦記 潜水艦 シクヴァル 魚雷 太平洋戦争 日本海軍 第二次世界大戦 仮想戦記 架空戦記創作大会
ジャンル 歴史〔文芸〕
掲載日 2017年 03月23日 23時25分
最新部分掲載日 2017年 10月29日 00時00分
感想 344件
レビュー 1件
ブックマーク登録 3,466件
総合評価 9,467pt
ポイント評価 1,259pt  : 1,276pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 158,094文字
N6628DW| 小説情報| 連載(全18部分) | 歴史〔文芸〕
現代でも回避する事が困難と言われるロシアの超高速ロケット魚雷「シクヴァル」。そのシクヴァルもどきの魚雷を太平洋戦争前に日本海軍が偶然の積み重ねで開発に成功してしまいます。当時としてはオーパーツのようなチート兵器を得た事で//
N7331DU| 小説情報| 完結済(全14部分) | 歴史〔文芸〕
もし川西航空機が紫電改の元となった水上戦闘機「強風」の開発時に、陸上機を目標に最初から全力で取り組んだら?……その結果、FW-190もどきが大戦序盤に誕生します。そこそこ強力な戦闘機を得たことで海軍の戦闘機開発計画も玉突//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n6628dw

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ