ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6393DV

僕の右手にはバキバキに割れたスマホを修復する能力がある

短編
あらすじ タイトルのままです。
というか、タイトルで言いたいことは殆ど言い切ったともいえます。
作者名 佐々雪
キーワード 悲恋 日常 男主人公 和風 現代 超能力
ジャンル コメディー〔文芸〕
掲載日 2017年 03月04日 00時35分
最終更新日 2017年 03月10日 19時04分
感想 11件
※ログイン必須
レビュー 2件
ブックマーク登録 95件
総合評価 1,213pt
ポイント評価 508pt  : 515pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,686文字
N8683EH| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
17歳女子高校生。 駅の足跡マークに足を重ねる。 写真提供:溝口様
N1095EH| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
雨雲の絵を描く男の話。
N0456EG| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
あの曲が流れたとき、物語は動き始める。
N3921EE| 小説情報| 短編| コメディー〔文芸〕
そもそも、結局一対一で戦うなら、塔の形式で登りながら戦う意味ないじゃん。 ……って、気が付いてたのに。スルーしてあげてたのに。
N5813ED| 小説情報| 短編| コメディー〔文芸〕
ブラック企業に鉄槌を。 偽りのアットホームに終焉を。 ハードボイルド私小説。

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n6393dv

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ