ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6295DV

uso8,000,000:嘘八百万 (うそやおよろず)(←シュレディンガーのぬっこ続編)

あらすじ ≪これまでの簡単なまとめ≫   ※前作“シュレディンガーのぬっこ”参照
 日本国内某所オフィス街に異界への入り口が開いていた。ハロワで紹介を受けその異界へ猫? に連れられて入ってしまった主人公山田武尊(やまだたける)35歳独身。いろいろあって冒険者ギルドへ所属する。
 新米冒険者山田武尊は草刈り作業で、チートオリジナルスキル≪くさなぎのつよ○ん≫を手に入れた。未だlv.1ながらも、その能力は金的絶対防御とすぐれもの。使用時にデメリットを伴うが、この程度は些細なこと。
 ふとしたきっかけから銀河系マスメディアからオーダー殺到、現在大繁盛中の冒険者ギルド。ギルドの屋台骨は、なぜか新人冒険者山田武尊の両肩に重くのしかかっている。ギルドを運営する社長とその弟の身体もその両肩に重くのしかかっている。しかし彼の存在そのものが掛かっているため『重い』と一言口にするわけにもいかない。彼の頭の上にも何かふわふわと浮いているが、浮いているので重くは無い、はずだ。

≪これからのお話≫
3柱の神と同居生活を送ることとなった新米冒険者山田武尊。いまや彼は売れっ子冒険者となっていた。エロ雑誌、エロマンガ、エログッズ、薄い本、おとなDVD、おとな人形、等々宇宙人から与えられた購入依頼を淡々とこなす中、ある日1軍所属女性(※当シリーズにおいては美人さんのことをそう称しております)からの依頼を受けることとなる。この依頼を巡りうずまく陰謀の数々(数は2つ以上あれば数々だよね)、自然災害、野生生物保護(やせいせいぶつほご)に向けた活動、充分に予測可能な増える神々。先の物語では多くを語られることのなかったあのキャラクターをフューチャリング。そしてついにラスボス登場(見切れ)。
だいたいこんな感じです。ハイ。ジャンルを今話ではパニックサスペンスものと考えております。ただし、テイストは従来通りかと。
予定では170話程度でまた、別タイトルへと移行することになっております。

(最後にオヒルネ様からひと言お願いします。)
「うむ。読者のみなさまには大変お世話になっておるのじゃ。前作に続いてこの新作を覗いてみようなどと思ってくれたみなさまには、わらわの加護を授けようぞ。これからも末永くわらわたちのこと、よろしくお願いするのじゃ。みなさまに幸多かれ! 
 なぁ、作者よこれでよいかのぅ。」
(OKです。)
作者名 Pー龍
キーワード R15 残酷な描写あり  猫 スパゲティモンスター クトゥルフ 神様 冒険者ギルド おっさん 宇宙人
ジャンル パニック〔SF〕
掲載日 2017年 03月03日 22時24分
最終話掲載日 2017年 04月21日 22時00分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 2件
総合評価 4pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 120,536文字
N6295DV| 小説情報| 連載(全57部) | パニック〔SF〕
≪これまでの簡単なまとめ≫   ※前作“シュレディンガーのぬっこ”参照  日本国内某所オフィス街に異界への入り口が開いていた。ハロワで紹介を受けその異界へ猫? に連れられて入ってしまった主人公山田武尊(やまだたける)35//
N1161DX| 小説情報| 連載(全3部) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
深い山の奥の奥のそのまた奥のさらに奥、地図には載っているけれど誰も知らない友嶺村、三首集落。そこに噂の首吊り小屋は建っていた。吸い寄せられるように集まってくる自殺志願者たち。死を覚悟した彼らを待っていたものは・・・ 文//
N3706DV| 小説情報| 完結済(全53部) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
主な登場人物 かつて不登校だった少女。好きだった女性を亡くした男。 ネタバレになるのでこれで許してください。
N0304DU| 小説情報| 完結済(全60部) | コメディー〔文芸〕
求職活動中のおっさんが異界へと迷いこんでしまった。 求人応募で訪ねた不条理な世界。入り口の無いおかしなビル。壁に描かれた絵。人気の無いオフィス街。猫? そんな困惑を抱えた主人公ヤマダタケルにもたらされた救いは一匹の猫の//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ