ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6257DI

渡らせ橋

短編
あらすじ 初夏になるといつも私は思い出すのです。あの愛おしくも、少しだけ寂しい日々を。そこを渡る覚悟が、あなたにはありますか?
作者名 真野
キーワード 日常 幽霊 文学フリマ短編小説賞
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2016年 06月06日 09時52分
感想 2件
レビュー 0件
ブックマーク登録 3件
総合評価 24pt
ポイント評価 8pt  : 10pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 3,942文字
N8673CQ| 小説情報| 連載(全65部) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
「実はさ、俺未来から来たんだ!」 憧れていた文芸部のために入学した、高校一年生の琴平理久を待っていたもの。それは、自称未来人を名乗る少年、出雲茜と廃部になった文芸部だった。茜の好意を断り、文芸部復活を諦める理久だが、ある//
N6257DI| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
初夏になるといつも私は思い出すのです。あの愛おしくも、少しだけ寂しい日々を。そこを渡る覚悟が、あなたにはありますか?
N8855CA| 小説情報| 完結済(全7部) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
「あなたのことが、好きなんです」 何よりも本を溺愛してしまう性癖の持ち主、夏川が出会ったのは養護学級に通う女子生徒、志賀。毎週金曜日の放課後になると必ず図書室へ現れる彼女は「大切な思い出の本」を探しているのだという。本の//
N5099BV| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
「平日の夜中に、ご先祖様襲来なう」 大雨が降った日の翌日、俺こと小峰城也の自室に雨漏りができた。たいしたものではないと思い、枕の位置を変えて眠りについたのだが……その日の夜中に、俺の先祖を名乗る男が現れてーー!?
N2685BU| 小説情報| 短編| コメディー〔文芸〕
「世界とは本当に理解し難いものである」 サクラソウ文庫編集部、日向野の担当である月成冬馬は今を時めく人気作家。しかし、そんな月成先生はガラスのように儚く、豆腐のごとく脆いハートを持つ超絶ネガティブな性格だった。口を開けば//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ