ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6240DZ

言魂 -KOTO DAMA-

あらすじ  ベッドから落ちたら別世界だった。

 俗に言う「魔法」に相当する技術――「言技」と呼ばれるそれが発達し、現実とはまったく違った様相を見せる異世界。文字も常識も何もかも違う。しかし言技起動に使われる魔法陣――起動陣は、紛れもなく「現実世界の文字」そのもの……。
 幾多の単語が宙を舞い、あらゆる品詞が入り交じり、語学力の差が生死を決める、そんな魔境。生き抜くために持たされた武器は、ただ一本の大筆だけ。放逐されたインドア高校生は、言技使いの少女と出会い、数奇な運命に身を投じていくこととなる。

 これは世界に彼が残した、ささやかな筆跡。
 存在意義に悩む彼が、「役立つ」ために歩んだ道筋。
作者名 NADIA
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転移  オリジナル戦記 異能力バトル 冒険 男主人公 ライトノベル 言技 異能 戦闘 恋愛 成長 勉強 多言語
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2017年 05月19日 12時26分
最新部分掲載日 2017年 10月10日 23時00分
感想 35件
レビュー 4件
ブックマーク登録 156件
総合評価 574pt
ポイント評価 130pt  : 132pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 173,356文字
N0434EI| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
『命の価値』って、何なんだろう。 取るに足らない小さな生に、どれほどの価値があるというのだろう。しょせん自分なんか。そう思ってしまうこと、人間なら多々あると思うんだ。 たぶん、一生答えは出ない。 でも――。 わたしは聞//
N6240DZ| 小説情報| 連載(全44部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 ベッドから落ちたら別世界だった。  俗に言う「魔法」に相当する技術――「言技」と呼ばれるそれが発達し、現実とはまったく違った様相を見せる異世界。文字も常識も何もかも違う。しかし言技起動に使われる魔法陣――起動陣は、紛//
N4324ED| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
 往々にして、気づくのは遅いもの。  気がついたらもう溶けていた、アイスのような物語。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ