ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6240CP

異世界詐欺師のなんちゃって経営術

あらすじ  日本にその名を轟かせた大詐欺師・オオバヤシロ。
 悪運尽きて燃え尽きた彼が転生したのは――『嘘が吐けない巨大な都市』だった。

 嘘を嫌う『精霊神』により嘘吐きは【カエル】にされてしまう世界で、ヤシロは詐欺師として培った口先の上手さで成り上がっていく!


 異世界に転生した主人公が、『現代の知識』と『屁理屈』を武器に、巨乳美女を助けたり、極貧食堂を立て直したり、最底辺地区の生活環境を改善したりする物語。


※プロローグから前半は少々重い空気が漂っていますが、徐々にほのぼの路線へシフトしていきます。
詐欺師である主人公は、最初心が荒んで他人を見下すような言動を多々取りますが、異世界の住人と触れ合ううち丸くなり、仲間のために己の力を使うようになります。その結果、若干ツンデレっぽくなります。


☆本編は、第一幕のエピローグで完結しております。
 後日譚以降は、盛大なオマケとなっておりますので、
 まったり感増し増しで詐欺師要素が極端に薄らいでいきます。
 キャラや掛け合い、雰囲気が好きという方は引き続きお楽しみください。


※あとがき、並びに、感想返信内にて掲載したSS(ショートストーリー)を別枠にまとめておりますので、よろしければご覧ください。

異世界詐欺師のなんちゃって経営術【SS置き場】
http://ncode.syosetu.com/n3697ct/



角川スニーカー文庫様より書籍1巻が発売中。
2巻は2016年8月1日発売です。
3巻は2016年12月1日発売です。
4巻は2017年3月1日発売です。


(2017年2月15日:修正)
作者名 宮地拓海
キーワード R15 異世界転移  異世界 従順ヒロイン つるぺたボクっ子 ケモ耳無口幼女 普通女子 成り上がり ほのぼの まったり食堂ライフ ややハーレム
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2015年 04月07日 00時10分
最新部分掲載日 2017年 10月21日 19時14分
感想 2,876件
※ログイン必須
レビュー 89件
ブックマーク登録 16,342件
総合評価 41,286pt
ポイント評価 4,281pt  : 4,321pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 3,338,993文字
N4939EA| 小説情報| 連載(全36部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
生まれながらに特殊な性質を持つ少女たち【マザーボード】は、体に魔獣の一部を【ソルダリング(=はんだ付け)】することで魔法を使えるようになる。 それは、世界を脅かす程の兵器と成り得る。 他とは違う特殊な技能を持った【ソル//
N4934EA| 小説情報| 連載(全50部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
料理しか出来ない思春期なシェフと 剣しか取り柄のない美しい最強の剣士 足が生えて歩き回る不思議なトラットリアで出会った二人は 互いに足りない物を埋め合うように寄り添っていく 思春期な少年が好きな娘に好かれるために奮闘//
N6240CP| 小説情報| 連載(全338部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
 日本にその名を轟かせた大詐欺師・オオバヤシロ。  悪運尽きて燃え尽きた彼が転生したのは――『嘘が吐けない巨大な都市』だった。  嘘を嫌う『精霊神』により嘘吐きは【カエル】にされてしまう世界で、ヤシロは詐欺師として培っ//
N3697CT| 小説情報| 連載(全514部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
本内容は、『異世界詐欺師のなんちゃって経営術』のあとがき・感想返信にて掲載したSS(ショートストーリー)をまとめたものとなります。(SSではないものも一部含む)  『異世界詐欺師のなんちゃって経営術』   http:///
N3987DF| 小説情報| 完結済(全120部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
女の子の頼みを断れない男子高校生・瀬尾浩志(セオ・コーシ)は、 天界にある派遣会社の営業に連れられて異世界へとやって来た。 そこはまるでゲームのような世界――なのだが、 ステータスがなんか変!? MPは『論外』 覚え//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n6240cp

異世界詐欺師のなんちゃって経営術 - チラシの裏の読書感想文

異世界詐欺師のなんちゃって経営術日本にその名を轟かせた大詐欺師・オオバヤシロ。悪運尽きて燃え尽きた彼が転生したのは――『嘘が吐けない巨大な都市』だった。嘘を嫌う『精霊神』
URL:http://fuyutuki703.blog.fc2.com/blog-entry-2015.html

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ