ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6187DI

幻のキノコ

短編
あらすじ 「オレが探す『ゴールデン・マッシュルーム』というキノコはだな、そんじゅそこらのキノコとは違うんだ」

果たしていつの時代か、いつの王の御世か。
クアストゥール──『寄せ集め』と呼ばれる大陸群に、一人の冒険者がいた。
これは、その無数とも言える物語の一つである──。
作者名 宗像竜子
キーワード 男のロマン クアストゥール 冒険者 キノコ 男主人公 グルメ? 文学フリマ短編小説賞
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2016年 06月06日 03時02分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 22pt
ポイント評価 10pt  : 10pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 3,656文字
N2701BC| 小説情報| 連載(全61部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
【西洋FT世界創作企画『ティル・ナ・ノーグの唄』参加作品】 ティル・ナ・ノーグの駆けだしの細工職人・ユータス。腕はいいけれど、センスは時代の先を行き過ぎる彼のゆるい日常話。構えたばかりの工房で、しっかり者の相方に助けられ//
N6815CK| 小説情報| 連載(全22部分) | 空想科学〔SF〕
無機の身体、無機の心──無機の、魂。 それはそれ故に純粋で……。 友情ではなく(それは不必要な繋がり)。 恋情でもなく(それは不必要な感情)。 ──それでも喪いたくないと『心』は訴える。 もし、あなたがそれを知るなら//
N7050DL| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
「ねえ、死んだら人は何処へ行くのかしら」 果たしていつの時代か、いつの王の御世か。 クアストゥール──『寄せ集め』と呼ばれる大陸群に、一人の冒険者がいた。 これは、その無数とも言える物語の一つである──。
N2402DJ| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
「その城の壁は白砂を固めた煉瓦(れんが)で出来ていて、回廊は赤砂、それ以外には玉虫色の砂利を敷き詰めた、砂ばかりで出来たものだったそうだ」 果たしていつの時代か、いつの王の御世か。 クアストゥール──『寄せ集め』と呼ば//
N6187DI| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
「オレが探す『ゴールデン・マッシュルーム』というキノコはだな、そんじゅそこらのキノコとは違うんだ」 果たしていつの時代か、いつの王の御世か。 クアストゥール──『寄せ集め』と呼ばれる大陸群に、一人の冒険者がいた。 これ//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ