ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6090EC

雪舟さんと蛇

あらすじ 坂の上にある小さな庭のついた雪舟さんの家に、白蛇がはじめてやってきたのは、ひと月ほど前の夜中のことでした。雪舟さんが住む町のひとはみんな、夜になったら爪をきりません。夜に爪をきったら蛇がくると、小さいときにいいき聞かされるからです。だから雪舟さんだってその晩、爪をきる気などなかったのです。


残酷と思われる表現があります。
作者名 美里
キーワード ボーイズラブ 残酷な描写あり  日常 現代
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2017年 07月11日 19時57分
最終部分掲載日 2017年 08月22日 07時27分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 3件
総合評価 6pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 41,264文字
N7701EF| 小説情報| 連載(全15部分) | 現実世界〔恋愛〕
好きな人と暮らしている。 けれどそれは、夫の事ではない。 不定期にやって来てはまた出て行ってしまう絶世の男娼に、私はもう五年も執着し続けている。
N6090EC| 小説情報| 完結済(全34部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
坂の上にある小さな庭のついた雪舟さんの家に、白蛇がはじめてやってきたのは、ひと月ほど前の夜中のことでした。雪舟さんが住む町のひとはみんな、夜になったら爪をきりません。夜に爪をきったら蛇がくると、小さいときにいいき聞かされ//
N1499EA| 小説情報| 完結済(全28部分) | 現実世界〔恋愛〕
「辛いことがあった時にでも、私のところに戻って来てくれればそれでよかったんです。あの子をどうしたって放ってはおけなかった。」 「いつも寝てる女でな。叩き起こして抱いてたよ。どうしたって放ってはおけなかった。」 「分かって//
N4944DW| 小説情報| 完結済(全55部分) | 現実世界〔恋愛〕
この感じ方が一般的でないことは分かっているのだから、一般的な倫理観を身につけたふりをして生きていくことだって、できなくはないのだろう。今だって現に私はどうにか常識的なふるまいを身に着けようと、学校に通ったりしているのだ。//
N3069DV| 小説情報| 完結済(全11部分) | 純文学〔文芸〕
死にたいと思っていた。 取り分け不幸な環境に生まれたわけでもないし、とりわけ何かが他人より劣っているわけでもない。ただ、この先ずっと、に耐えられない気がした。この先ずっと私が私であるということ自体に、耐えられない気がした//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ