ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6066Q

ジンニスタン 砂漠と海の物語

あらすじ 古代ギリシアに似た人族の文明と、中世オリエント世界に似たジン(砂漠エルフ)族の文明が戦争を続けている世界。小国の王子ペレウスは人質としてジン族の帝国にとどめられ、ジンの姫ファリザードにいたぶられて屈辱の日々を送っていた。仲間のはずの同じ文明の人族までがかれをいじめの標的にしている始末。幸いにして折れない意志にだけは恵まれたペレウスは、逆境をはねかえすべく努力をはじめ、それを見事に結実させる。かれをみる周囲の人間の目も変わり始める……しかし、戦争は思わぬほうへと転がっていくのだった。砂と大海が舞台、異種族間恋愛のロマンティック・ファンタジー。 ●どん底からはい上がっていく成長系 ●戦争 ●恋 ●じわじわ盛り上がります ●ヒロインの絵を一話冒頭に貼りつけました 
作者名 二宮酒匂
キーワード R15 残酷な描写あり  異類婚姻譚 オリジナル戦記 冒険 ロマンス 戦争 ダークエルフ 中世 砂漠 ハイファンタジー ギリシア ペルシア アラビア 剣と魔法 竜/ドラゴン 褐色
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2011年 02月02日 23時40分
最新部分掲載日 2015年 03月19日 20時20分
感想 475件
※ログイン必須
レビュー 7件
ブックマーク登録 7,301件
総合評価 21,768pt
ポイント評価 3,570pt  : 3,596pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 628,191文字
N5860DY| 小説情報| 連載(全25部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
疫病と死体を操る竜に滅ぼされかけている世界。 砂漠の強国ミスルは竜との総力戦を選ぶ。 世界でただひとり、竜の天敵となる力をもつ青年スッカルが逃亡奴隷から成り上がるお話。 ストックが尽きるまで毎日午前0時更新。第二次二//
N6083CU| 小説情報| 完結済(全10部分) | ホラー〔文芸〕
山内くんは怪異を見る目を持つ中学1年生。 ある日かれは万引きの疑いをかけられた女の子を助ける。その少女の背後には、獣の毛並みを持つ球体が浮いていて…… 「山内くんの呪禁の夏。」から一年後のお話。
N6066Q| 小説情報| 連載(全90部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
古代ギリシアに似た人族の文明と、中世オリエント世界に似たジン(砂漠エルフ)族の文明が戦争を続けている世界。小国の王子ペレウスは人質としてジン族の帝国にとどめられ、ジンの姫ファリザードにいたぶられて屈辱の日々を送っていた。//
N5809CE| 小説情報| 完結済(全32部分) | ホラー〔文芸〕
『きみ、なんで火がお口から出てるの?』『……へーぇ。オレの火がみえるんだ』幼い日、墓石の陰から現れた妖しい子に、山内くんは命を救われた。小学校六年生になった山内くんは緑豊かな兵庫県山奥の町で、その子、十妙院家の紺(こん)//
N3774BY| 小説情報| 短編| 歴史〔文芸〕
中世スペインのレコンキスタについて。 歴史小説です。

トラックバック []

ジンニスタン 砂漠と海の物語 - 読み専になろう

725 名前:この名無しがすごい![sage] 投稿日:2012/09/27(木) 08:41:23.77 ID:YUdlKhA9ジンニスタン読んでるんだが主人公に龍が取り憑いた時、悪堕ちの流れかと思ったんだがそうでもないのか?冬至
URL:http://2novel.blog.fc2.com/blog-entry-867.html

ジンニスタン 砂漠と海の物語 - チラシの裏の読書感想文

ジンニスタン 砂漠と海の物語古代ギリシアに似た人族の文明と、中世オリエント世界に似たジン(砂漠エルフ)族の文明が戦争を続けている世界。小国の王子ペレウスは人質としてジン族の
URL:http://fuyutuki703.blog.fc2.com/blog-entry-83.html

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ