ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6016BV

きみは小さな居候

あらすじ 久し振りに訪れた父方の田舎。そこで、座敷わらしを目撃してしまった主人公。ちょっと世話を焼いたら、見た目、小学校低学年女児な座敷わらしに妙に懐かれてしまい……。二人の同居生活が落ち着くまでを描いた第一章、完結しました(全24話)。***クリスマス番外編(全3話)も完結。・***新しく仲間(ヒトであったり、ヒトでなかったり)が加わった第二章も完結(全28話)***第三章は、これまでちょこっと顔を出す程度だった、あの人のお話です。←完結しました(全27話)***後日譚も完結(全5話)***現在、第四章を連載中。
作者名 むめみつき梅
キーワード 日常 ファンタジー 現代(モダン) 座敷わらし ほのぼの カラス カッパ
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2013年 10月30日 02時28分
最終話掲載日 2017年 03月17日 13時53分
感想 114件
レビュー 2件
ブックマーク登録 4,911件
総合評価 12,643pt
ポイント評価 1,398pt  : 1,423pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 353,134文字
N6016BV| 小説情報| 連載(全93部) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
久し振りに訪れた父方の田舎。そこで、座敷わらしを目撃してしまった主人公。ちょっと世話を焼いたら、見た目、小学校低学年女児な座敷わらしに妙に懐かれてしまい……。二人の同居生活が落ち着くまでを描いた第一章、完結しました(全2//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ