ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N5925G

神封巫女伝

あらすじ アミネは悪意ある森の神々や精霊を封じる役目を負った巫女だった。すでに神々や精霊が封じられたはずの森を旅していたアミネ。そこに封じ損ねられていた神を見いだし、神封じを行う。しかし、大巫女への報告で、つい口を滑らせたため、神封じの巫女から位を下げられ、追放同然で辺境の地に赴くこととなった。
作者名 栗田隆喬
キーワード ファンタジー 巫女 神殺し 縄文・弥生~室町時代 シリアス 冒険 魔法 女神/聖人 海 山 大自然 異世界
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
掲載日 2009年 04月06日 07時29分
最終話掲載日 2009年 12月30日 15時28分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 2件
総合評価 4pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 44,086文字
N8655Q| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
バレンタインデーをネタにしたショートショート。 甘い(?)お話をどうぞ!
N7038P| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
大学での実験に疲れていた僕は電車を乗り越す。ふと声をかけられたような気がして見ると、高校時代の同級生で、たった二人の天文部の仲間、そして密かに思いを寄せていた鮎沢美奈が立っていた。彼女は僕に、夜間観測に付き合って欲しいと//
N8083K| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
 私の小屋の近くに、『草殺し』と呼ばれるビャヒクがいました。  彼は指先で触れるだけで、太く大きく育った草を枯らす力を持っていたのです。
N5925G| 小説情報| 連載(全28部) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
アミネは悪意ある森の神々や精霊を封じる役目を負った巫女だった。すでに神々や精霊が封じられたはずの森を旅していたアミネ。そこに封じ損ねられていた神を見いだし、神封じを行う。しかし、大巫女への報告で、つい口を滑らせたため、神//
N1627H| 小説情報| 連載(全9部) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
マリコさんと俺の日常。ジャンルはごった煮。路線はほのぼの、言葉遊び。基本的に毎話読み切り、800文字程度の掌篇集。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ