ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N5870BN

フレイム王国興亡記

連載中全187部 1話目を読む |最新話を読む
あらすじ  通勤途上で買ったコーヒー片手に、気付いたら異世界トリップしていました。

『えっと……私、別に勇者でもなんでもないんですけど……』

 ただのリーマンだった主人公、『松代浩太』がトリップした先は中世ヨーロッパ『風』の異世界! 魔王は不在、悪の帝国は開店休業、宇宙の法則を乱す憎いアンチクショウはモノガタリの中の人。そんな平和な大陸、『オルケナ大陸』で、浩太に忍び寄る魔の手……そう、赤字国債!
暴落する株価、通貨崩壊と共に起こる債務不履行の嵐、デリバティブの失敗に、保守本流の元老・元勲達による狡いイヤガラセ、さらには飢饉や戦争まで。魔王以上の強敵に、持ち前の知恵と勇気で立ち向かえ、浩太!


 ……君は今、歴史の証人になる


※更新は不定期です。尚、画面は開発中のものであり、実際の本編とは異なる可能性があります。
作者名 疎陀 陽
キーワード 異世界トリップ ファンタジー 恋愛 政治経済
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
掲載日 2013年 02月18日 17時56分
最終話掲載日 2017年 04月16日 00時00分
感想 1,383件
※ログイン必須
レビュー 2件
ブックマーク登録 15,826件
総合評価 43,212pt
ポイント評価 5,758pt  : 5,802pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,685,495文字
N5236DB| 小説情報| 連載(全94部) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
――クリスマス・イブ。 恋人達が浮かれ踊る聖夜に、負のオーラをまき散らしていた高校生、大本麻里亜は駅前でナンパに合っていた美少女を救い出したが、その美少女には人には言えない秘密があって―― 「……なあ? ナンパに合っ//
N0448DX| 小説情報| 連載(全19部) | 現実世界〔恋愛〕
とある異世界の、とある大陸の、とある国家。その国に、千年に一度の俊英と呼ばれる名宰相が居た。 三代の王に仕え、全ての王に信頼され、信用され、愛されたその宰相には若き頃に麗しき姫と交わした 約束があった。 ――皆が笑える//
N5870BN| 小説情報| 連載(全187部) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
 通勤途上で買ったコーヒー片手に、気付いたら異世界トリップしていました。 『えっと……私、別に勇者でもなんでもないんですけど……』  ただのリーマンだった主人公、『松代浩太』がトリップした先は中世ヨーロッパ『風』の異//
N9065DU| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
とある異世界の、とある大陸の、とある国家。その国に、千年に一度の俊英と呼ばれる名宰相が居た。 三代の王に仕え、全ての王に信頼され、信用され、愛されたその宰相には若き頃に麗しき姫と交わした 約束があった。 ――皆が笑//
N6104CB| 小説情報| 連載(全9部) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
連載作品である『フレイム王国興亡記』の設定資料やら小ネタやらを載せて行く予定です。

トラックバック []

フレイム王国興亡記 - 読み専になろう

159 名前:この名無しがすごい![sage] 投稿日:2013/05/07(火) 02:56:40.87 ID:qNViY9AAフレイムも出たことあるような……。NAISEI系なんだけど、現地人にNAISEI返しくらってヘタれたりするんで正直びみ
URL:http://2novel.blog.fc2.com/blog-entry-2108.html

フレイム王国興亡記 - チラシの裏の読書感想文

フレイム王国興亡記通勤途上で買ったコーヒー片手に、気付いたら異世界トリップしていました。 『えっと……私、別に勇者でもなんでもないんですけど……』  ただのリーマンだった主
URL:http://fuyutuki703.blog.fc2.com/blog-entry-897.html

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ