ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N5869EE

寝ているセフレにキスをして

短編
あらすじ 歩く時には手を繋ぎ、ムードが高まればキスをして、身体を重ねた回数も数えきれない。だけど僕達は、恋人未満。俗に言うセフレだ。
作者名 鈴本耕太郎
キーワード 恋愛 病気 眠り姫 現代 男主人公 セフレ
ジャンル 純文学〔文芸〕
掲載日 2017年 08月14日 11時33分
最終更新日 2017年 08月14日 11時53分
感想 11件
※ログイン必須
レビュー 1件
ブックマーク登録 244件
総合評価 1,749pt
ポイント評価 626pt  : 635pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 3,474文字
N8480EJ| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
”D” それは選び抜かれた者だけが持つ事を許された証。
N6043EJ| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
 朱く染まった結衣の頬を、割れた窓から差し込んだ月明かりが照らし出す。照れたような表情の結衣は、まるでこの世の者とは思えない程に超越した美しさを醸し出していた。
N1685EJ| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
予言は外れていなかった。
N3824EI| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
抱きしめ合い、キスをする。ただそれだけの事を、勿体付けて焦らし合う。その過程が楽しくて、幸せで、愛しさが積もり積もっていく。それと同時に感じるのは、どうしようもない程の罪悪感。
N1835EI| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
奴隷の私が、彼と結ばれるなんて事が、あってはならない。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ