ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N5721EC

別に増えてはいない

短編
あらすじ 男が語る思い出に真実を突き付けることができなかった私の話。 意味が分かると怖い系ですので理解できなかったらよくわからない話になると思います。夏のホラー2017用に書いた作品です。
作者名 なんだっく
キーワード 怪談 夏のホラー2017 人が減った噂 意味が分かると怖い話
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2017年 07月11日 00時19分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 23pt
ポイント評価 10pt  : 13pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,009文字
N1663DG| 小説情報| 連載(全35部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 オカルト部の寺門が開く謎の儀式に参加することになった光露(コウロ)。儀式参加者には『この世界内で競うなら負けない世界観を納めた情報媒体』を持ってくることを求められ、コウロは適当に農業ゲームを選んでもってきた。  儀式参//
N5721EC| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
男が語る思い出に真実を突き付けることができなかった私の話。 意味が分かると怖い系ですので理解できなかったらよくわからない話になると思います。夏のホラー2017用に書いた作品です。
N5142EC| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
 廃園になった遊園地、そこに俺は友人のYとMの3人で侵入することになる。ミラーハウスの裏側に鍵のかかっていない待機室を見つけた俺たちはそこを秘密基地にすることを決める。そこで起こる怪奇現象に俺たちは恐怖することになる。 //

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ