ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N5693BP

趣味人なまおー

あらすじ 剣と魔法が支配したりする世界『シャルムシャリーストーク』。
ここは人間世界と魔族世界の二つに分かれ、互いの種族が終わらない戦争を繰り広げる世界である。
魔族世界の盟主であり、最高権力者である魔王。
この度、新たに偶然にもその座についた彼は、どうしようもなく変人であった……

愛する人形の少女アリスや、敵でありながらも最大の理解者である人間の勇者エリーシャ、黒竜の姫君や吸血族の姫君と出会い、変人は、やがて世界を大きく動かしてゆく。
作者名 海蛇
キーワード 残酷な描写あり  16世界物語 異世界 戦記 美少女 ハイファンタジー チートなし 友情 群像劇 歴史 主人公最強 魔王 ハーレム 政治・経済 HJ大賞
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2013年 04月21日 22時20分
最終部分掲載日 2015年 11月02日 06時00分
感想 131件
レビュー 3件
ブックマーク登録 6,905件
総合評価 17,622pt
ポイント評価 1,892pt  : 1,920pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,846,575文字
N3167EI| 小説情報| 連載(全4部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
夕暮れ時の通学路。帰路をとぼとぼと歩く学生さんの姿があった。 彼の名はカオル。 この度テストで悲惨な点数を取り、親になんと言い訳したものかとしょんぼり歩いていたのである。 そんな彼に、転機が舞い降りる。 車に轢かれそうに//
N8184CY| 小説情報| 連載(全335部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
科学や数字などが支配したりする世界『レゼボア』。 ここは世界の支配組織『公社』と、 これをバックアップする『管制システム』が全てを取り仕切る緩やかなディストピアである。 脳内ゲーム『ネトゲ』が流行するこの世界では今、様々//
N4532ED| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
日々を送る上で毎日見る事になる『虫』。 疑問に思いながらも、それでも毎日顔を合わせる虫に、『私』は日常を感じるようになっていた。 視界隅を横切ったり、ひたすら存在をアピールしたり、邪魔になって怒ると逃げたり。 虫でありな//
N8852CP| 小説情報| 完結済(全62部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
闇夜を往く影があった。 人の世に映らぬカラスが一羽、跳んでいた。 人知れず人を闇へと誘う者達の物語。 人知れず闇へと葬られる者達の物語。 人知れず人を闇へと葬ろうとする者達の物語。 これはその、一つの物語である……
N1574DE| 小説情報| 短編| コメディー〔文芸〕
ある日、埼玉の片田舎で突然起きた事件が、日本全国を巻き込んだ大事件へと発展していく―― 突然パンツがなくなったら、果たして貴方はどうするだろうか? 羞恥に顔をしかめるか、怒りに震え犯人探しに躍起になるか、それとも何事も//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n5693bp

「趣味人なまおー」のぷちレビュー - 言の笹舟 web小説レビューサイト

 HP:小説家になろう 場所:趣味人なまおー 原作:オリジナル 作者:海蛇 様 人族と魔族が争っている世界――しかし、魔族たちは前魔王が亡くなってからは後継者争いなどの内
URL:http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/blog-entry-830.html

趣味人なまおー - チラシの裏の読書感想文

趣味人なまおー剣と魔法が支配したりする世界『シャルムシャリーストーク』。ここは人間世界と魔族世界の二つに分かれ、互いの種族が終わらない戦争を繰り広げる世界である。 魔族世
URL:http://fuyutuki703.blog.fc2.com/blog-entry-949.html

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ