ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N5507DO

『私』が死んだ、その後で

短編
あらすじ 有能な高位貴族と、病弱な少女。
想い合う二人を引き裂くのは、侯爵子息の婚約者たる、少女の姉。

――そんな役割だった、『私』が死んだ、その後の話。
作者名 詞乃端(コトノハ)
キーワード R15  年の差 悪役令嬢 旦那はおじいちゃん 養女はぶりっ子 ざまあ要素有 復縁の前にラスボスが 再婚の前に裏ボスが 記憶喪失 老いらくの恋 家族が腹黒
ジャンル 異世界〔恋愛〕
掲載日 2016年 10月07日 22時56分
最終更新日 2016年 10月09日 23時09分
感想 7件
レビュー 0件
ブックマーク登録 1,204件
総合評価 5,188pt
ポイント評価 1,381pt  : 1,399pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 6,663文字
N5032DW| 小説情報| 連載(全1部) | エッセイ〔その他〕
世界のはしっこでつれづれ書くつもりの、息抜きを兼ねた習作エッセイ集。 不定期気まぐれ更新予定。 *このエッセイの内容は、あくまで、個人の思想・嗜好に基づいたものであり、作者には自分の主張を押し付ける気も、他の方の意見を//
N3952CA| 小説情報| 連載(全51部) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
6/6改題(旧題:木春菊の一欠片) ――私は、お前を選ばない。 そう口にした娘は、残酷なほどに誠実だった。 ——緊張をはらむ二つの大国。 平民出身の将軍と女王の第一の忠臣は、戦争回避を目指して奮闘する。 『悪の王国』//
N7047DO| 小説情報| 連載(全17部) | 異世界〔恋愛〕
『彼女』は、求めていた愛を得られなかった人だった。 ――そんな『彼女』が死んだ、その後の話。 「『私』が死んだ、その後で」のシャルロッティ視点。 *シスコンと腹黒が全開な為、短編よりもコメディータッチです。
N1397DR| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
――失われゆくものは、本当に、価値がないのだろうか? 舞台は、大陸でも有数の名門校である、スフィダンテ魔導学園。 独自の文化を有する一族出身のエリタージュは、古臭いと嘲笑われる風習を頑迷に守っていた。 そんな彼女の使い//
N5507DO| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
有能な高位貴族と、病弱な少女。 想い合う二人を引き裂くのは、侯爵子息の婚約者たる、少女の姉。 ――そんな役割だった、『私』が死んだ、その後の話。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ