ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N5438DI

はしたないエキス(意味深な意味はないよ!)

短編
あらすじ  僕は、物語の主人公、○○。僕は、とうとう、その禁断の品物をスマホでポチってしまった。ネット上のとある怪しいサイトの怪しい品。その名も、はしたないエキス。

 それが何なのだって? 決まっている。なんか、感情が抑えられなくなるエキス。説明にもそう書いてある。一回分の使用量で売られている。醤油差しの入れ物に入って。

 これを使って、彼女の本心を、僕は知りたい。だって不安だから。彼女が僕を本当の意味でどう思っているか。深く、知りたいんだ。そうしないと押し潰されそうなんだ、僕は。

※重めな話です。
作者名 鯣 肴
キーワード スクールラブ 日常 青春 ラブコメ シリアス 重い話 現代 男主人公 ヒロイン 恋人たちの不安 ハッピーエンド? 無表情ヒロインの筈 半分釣りタイトル 文学フリマ短編小説賞
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
掲載日 2016年 06月04日 23時15分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 6,629文字
N8195EE| 小説情報| 連載(全39部分) | 現実世界〔恋愛〕
 列車で痴漢としてでっち上げられた少年が、幸運にも、ある女の子に助けられた。彼が彼女に尋ねる。「君はどうして俺を助けてくれたのかな?」と。すると彼女は、「あ、あの……、私のこと、覚えてませんか……?」不安寄りの期待混じり//
N8103EG| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
休みの日は家にいたい僕と、休みの日だからこそ外に出たがる彼女。彼女が休みの日に僕を外に連れ出そううとし、僕はそれに抗う。これはそんなお話。 (※彼女のみワンカット、カラー立ち絵本文中にあります)
N4408EG| 小説情報| 短編| 空想科学〔SF〕
気付けば白い部屋にいた。白い服を着て。どうしてそんなとこに自分がいるのか、そしてそこがどこなのか全く分からず、「ねぇ、誰か、いないのぉぉおおお、此処は、何処ぉおおおおおお?」、思いを吐露した。いるかも分からない誰かに助け//
N1662DC| 小説情報| 連載(全116部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
モンスターフィッシュ。世界中の氷河全融解後に現れた、新種の水生生物たち。それを釣る・狩るものたちはモンスターフィッシャーと呼ばれる。今、一人の少年が、まだ見ぬ大物を追い求め、海へ出る! 数々の不思議とわくわく。それは、//
N4248EE| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
 小さい子供は、覚えたての言葉をしきりに使いたがるものだ。そして、それを使って、遊ぶものだ。  この子供、祭、に於いて、納涼という言葉を知った。無論、小学生成り立てであるその幼女にとって、それは、平仮名表記"のうりょう//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ