ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N5374DZ

あったら嫌な桃太郎

短編
あらすじ ある日、お爺さんとお婆さんの下へもが現れた。
だが、桃太郎はとてつもない人格破綻者だった。
あったら嫌な桃太郎の話が、今始まる。
作者名 如月桜夜
キーワード 童話 桃太郎 文フリ短編小説賞2
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2017年 05月17日 17時30分
最終更新日 2017年 05月17日 19時10分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 7,185文字
N6915DO| 小説情報| 連載(全15部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
その日、少年は異世界へと拉致られた。 変わらぬ日常、終わらぬ日々がずっと続いていたはずだった。 一体どこからこんな結末へと導かれたのだろう。 今、運命の歯車は動き出す pixivでも投稿しています 挿絵、表紙はpixi//
N5374DZ| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
ある日、お爺さんとお婆さんの下へもが現れた。 だが、桃太郎はとてつもない人格破綻者だった。 あったら嫌な桃太郎の話が、今始まる。
N0452DS| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
ここは、平和な世界  冬が長引き食料が尽きそうになるところに、少年と少女が立ち上がる

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ