ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N5321DW

紅葉林

短編
あらすじ 深紅色が歩道や公園に溜まる季節だ。近所の庭が全て金色に染まる。今年最後の蛍が明滅しながら夜の暗闇の中を飛んでは消えゆく季節。陽気な灯火が地平線の遥か先まで照らす中、あたりは生と死の匂いに満ちている。地上のすべての動きがガサゴソと音を立てる。カサカサと木々を歌わせる中鳥は鳴き交い、小動物はチューチュー鳴き、時折狼が吠えて瑠璃色の夜に呼びかけている。

もはや世界はそこまで鮮やかではないが、僕には十分だ。
作者名 頼根海
キーワード 日常 ハードボイルド 視覚障害者 聴覚障害者 秋 音楽
ジャンル 純文学〔文芸〕
掲載日 2017年 03月21日 12時29分
最終更新日 2017年 03月21日 14時05分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 4,458文字
N5363DW| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
二人は作家と画家であり、友達であり、そしてそれ以上である。
N5321DW| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
深紅色が歩道や公園に溜まる季節だ。近所の庭が全て金色に染まる。今年最後の蛍が明滅しながら夜の暗闇の中を飛んでは消えゆく季節。陽気な灯火が地平線の遥か先まで照らす中、あたりは生と死の匂いに満ちている。地上のすべての動きがガ//
N0500DR| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
母の元を離れ、父と共に義母の実家を訪れた少年ジェレマイア。家族に起こった悲劇から必死に目を背けるが、海辺での出会いが現実と向き合うきっかけとなる。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ